« 法政大学能楽研究所「国語学から見た能楽伝書」(2016年10月16日(日) 14:00 ~ 17:00、法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階A会議室) | メイン | 第37回 中国語話者のための日本語教育研究会(2016年11月12日(土)、首都大学東京 南大沢キャンパス) »

2016年9月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●早稲田大学演劇博物館・野村萬斎トークショー「狂言とシェイクスピアの出会い」【聞き手:児玉竜一(演劇博物館副館長)】(2016年10月18日(火)、18:30~20:00、早稲田大学大隈記念講堂 大講堂、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

トークショーの情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.waseda.jp/enpaku/ex/4654/

--------------------

シェイクスピア没後400年記念特別展 「沙翁復興 ― 逍遙からNINAGAWAまで」関連イベント
野村萬斎トークショー「狂言とシェイクスピアの出会い」

講師:野村萬斎(狂言師) 聞き手:児玉竜一(演劇博物館副館長)
狂言師野村萬斎氏は、シェイクスピア作品を"古典を現代に生かす"という独自のスタンスで解釈し、演出を手掛けてこられました。『間違いの喜劇』を狂言に翻案した『まちがいの狂言』、5人の出演者のみで表現する大胆な再構成を施した『マクベス』など、日本独自の美意識が反映された演出は海外においても高く評価されています。伝統芸能の継承者として現代に生きる萬斎氏は、西洋の古典であるシェイクスピア戯曲を、どのように捉えて演出されているのでしょうか?
古典と現代の融合が生み出す、創造の可能性についてお話し頂きます。

日時:2016年10月18日(火)18:30~20:00(開場17:30)
会場:早稲田大学大隈記念講堂 大講堂
定員:1,000人(要事前予約)※定員を超えた場合抽選
応募期間:9月14日(水)~9月30日(金)※最終日のWeb申込は17:00まで
参加可否のお知らせ:10月7日(金)

申し込み方法: ウェブサイトまたは往復ハガキにてお申し込みください。 
【注】申し込みにあたっては、こちら(FAQリンク)および以下の注意事項をよくお読みください。

両方から申し込まれた場合は無効となりますのでご注意ください。
1.ウェブサイト:こちらのページから申し込みいただけます
2.往復ハガキ:(1)希望イベント名(日時)(2)お名前(ふりがな)(3)住所 (4)電話番号を明記の上、
下記までお送りください。また、返信面には必ずご住所・お名前をご記入ください。
169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学演劇博物館 シェイクスピア展イベント係

※注意事項
・応募多数の場合は抽選となります。
・ハガキでお申込みの場合、締切日の当日消印有効となります。
・各イベントにつき、ご本人様1名限りのお申込みとなります。
・お預かりした個人情報は当イベントの運営管理に使用し、他の目的には使用いたしません。


●グーグル提供広告