« 山形大学人文学部附属映像文化研究所 シンポジウム『近代都市の相貌 明治山形の写真・絵画・建築』(2016年10月16日(日)、山形大学小白川キャンパス【事前申込不要】) | メイン | 東京古書組合所蔵資料展が開催:東京図書倶楽部オープンから100年(10/4-15)(カレントアウェアネス・ポータル) »

2016年9月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●二松學舍大学文学部主催シンポジウム「たたかう文学部のリアル」【塩村耕氏、多田一臣氏、植木朝子氏ほか】(2016年10月15日(土曜)15:30-18:30、九段校舎1号館中洲記念講堂、入場無料・予約不要)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/news/h28bungakusympo.htm

--------------------

日時 2016年10月15日(土曜)15:30-18:30(開場15:00/開会:15:30)
会場 二松學舍大学九段校舎1号館中洲記念講堂
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/a7.htm

【問い合わせ先】
二松學舍大学教務課
03-3261-7406

【タイムテーブル】

※進行 江藤茂博(二松學舍大学文学部教授・文学部長)

第一部 大学の役割が大きく変化していくなかで
15:30-16:20
『2014.3 名古屋大学文学部シンポジウム「文学部の逆襲」』その後
―文学部に何が起こったのか―

塩村耕(名古屋大学大学院文学研究科教授)
×
多田一臣(二松學舍大学文学部教授・東京大学名誉教授)

第二部 人文科学系学問の現在と期待
16:30-17:50
たたかう文学部のリアル
―文学部はどう考えるのか―

酒井敏(中京大学文学部教授・文学部長)
×
植木朝子(同志社大学文学部教授・文学部長)
×
藤田高夫(関西大学文学部教授・文学部長)

「文学部」という教育・研究共同体
18:00-18:30
協同討議 文学部のリアル


●グーグル提供広告