« 明星研究会 第10回<シンポジウム> 与謝野晶子の古典愛 ―「源氏物語」から何を吸収したか ―(2015年11月27(日)、日比谷コンベンションホール ※要申込) | メイン | 楽劇学会例会 第92回例会(2016年10月11日(火)、国立能楽堂・大講義室) »

2016年9月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第139回 表現学会東京例会(平成28年10月22日(土)、共立女子大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://hyogen-gakkai.org/tiku.html#t20161022

--------------------

第139回 表現学会東京例会のご案内

会の名称 第139回 表現学会東京例会
日時 平成28年10月22日(土)午後3時~6時
場所 共立女子大学 本館 7階 725教室
地下鉄神保町駅あるいは竹橋駅から徒歩5分。学士会館の道路向かい。
・今回はいつもの会議室とは異なるのでご注意ください。
発表者 梅林 博人 氏(相模女子大学)
題目 接続詞「しかし」の逆接性をめぐって
 ―滑稽本と『浮雲』を中心に―
備考 発表をご希望の方は、早めに下記あてにご一報下さい。
〒192-0904 八王子市子安町2-1-16 半澤幹一
半澤 Email


●グーグル提供広告