« 第398回 国語学研究会(2016年9月7日(水)、東北大学川内キャンパス) | メイン | 出版ニュース 2016・9月上旬号(2016.9.1)[Book Guide欄]にて堀 新・井上泰至編『秀吉の虚像と実像』が紹介されました »

2016年9月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第10回フェリス女学院大学日本文学国際会議「夏目漱石国際シンポジウム」(2016年12月8日(木)〜10日(土)、フェリス女学院大学緑園キャンパス・有楽町朝日ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ferris.ac.jp/information/approach/educational-reform/2016symposium_ns.html#anc-link-01

--------------------

2016年12月8日(木)、9日(金)、10日(土)の3日間、第10回フェリス女学院大学日本文学国際会議「夏目漱石国際シンポジウム」を開催します。
第10回となる今回は、2016年に没後100年、2017年に生誕150年を迎え、日本の国民的作家ともいうべき「夏目漱石」にスポットを当て、「漱石は世界をどう読んだか? 世界は漱石をどう読んでいるか?」をテーマに2部構成で開催します。
第1部では、小説家・夏目漱石の原点を探る場として、英文学者・夏目漱石は世界文学をどのように読んだのかを、第2部では、夏目漱石の文学的世界に魅了された人々によって各国語に翻訳された漱石文学が世界中でどのように読み継がれているかを、世界の第一線で活躍する日本文学・日本文化研究者を招聘し、多角的な視点から検証します。

開催日 2016年12月8日(木)~10日(土)
会場 12月8日(木)・9日(金) フェリス女学院大学緑園キャンパス
12月10日(土)有楽町朝日ホール
入場料 無料
問い合わせ先 企画・広報課
TEL:045-812-9624
E-mail:
主催 朝日新聞社、岩波書店、国際交流基金、フェリス女学院大学

プログラム概要

12月8日(木)前夜祭  会場:フェリス女学院大学緑園キャンパス
-世界文学としての夏目漱石-
(開場13:30)
14:00~14:30 開会挨拶
14:30~16:00 基調講演 小森 陽一 氏(東京大学)

12月9日(金)第1部  会場:フェリス女学院大学緑園キャンパス
-漱石は世界をどう読んだか?-
(開場9:30)
10:00~11:00 「英文学と漱石」田久保 浩 氏(徳島大学)
11:00~12:00 「ヨーロッパ文学と漱石」大野 英二郎 氏(フェリス女学院大学)
12:00~13:30  休憩
13:30~14:30 「中国文学と漱石」林 少陽 氏(東京大学)
14:30~15:30 「孫が読む漱石」夏目 房之介 氏(学習院大学)
15:30~16:30 「女性が読む漱石」飯田 祐子 氏(名古屋大学)

12月10日(土)第2部  会場:有楽町マリオン・朝日ホール
-世界は漱石をどう読んでいるか?-
(開場12:00)
12:30~13:30 漱石国際エッセーコンテスト表彰式
13:30~13:45 休憩
13:45~16:45 翻訳者シンポジウム
          アメリカ マイケル・ボーダッシュ 氏(シカゴ大学)
          アメリカ キース・ヴィンセント 氏(ボストン大学)
          ノルウェー 安倍オースタッド 玲子 氏(オスロ大学)
          韓 国 朴 裕河 氏(世宗大学)
          中 国 李 広志 氏(寧波大学)
17:00閉会挨拶


コラム 世界を魅了した夏目漱石

夏目漱石の研究者である日本語日本文学科佐藤裕子教授が、日本のみらなず世界をも魅了した漱石文学について解説します。

その1 夏目漱石国際シンポジウムの概要
その2 漱石のロンドン体験
その3 『文学論』の成立


●グーグル提供広告