« 中世歌謡研究会平成28年度大会(2016年8月24日(水)午後1時30分〜6時、慶応義塾大学三田キャンパス研究室棟) | メイン | 金沢能楽美術館 第2回講演会「人間国宝六世野村万蔵を語る!」(2016年8月21日(日)※要申込) »

2016年8月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●さいたま文学館【古典文学講読講座】・山下則子氏「江戸時代の豊かな遊び心 表現様式と作品購読」(平成28年9月30日、10月7日、14日、28日、11月4日(すべて金曜日)、無料、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.saitama-bungakukan.org/index.php?key=jo8nja4kp-607#_607

--------------------

【江戸時代、人々は遊び心を駆使して〈見立て〉や〈やつし〉など様々な表現様式を工夫しました。そうした表現様式を解説し江戸の人々の遊び心に近づきます。
併せて井原西鶴や近松門左衛門、草双紙などの作品を講読し、江戸の文芸にも親しみます。】

[日時]平成28年9月30日、10月7日、14日、28日、11月4日(すべて金曜日)
    14:00~16:00(開場13:30)

第1回:江戸時代の〈表現様式〉
   近世初期の文学の諧謔

第2回:近代作家に影響した近世文学
   講読①西鶴

第3回:江戸時代の見立てとパロディ
   講読②近松・草双紙

第4回:〈風流・やつし〉と〈見立て〉
   講読②の続き

第5回:浮世絵『小倉擬百人一首』を読み解く
   くずし字解読入門



[会場]さいたま文学館2階 講座室1

[費用]無料

[申込]往復はがきに、講座名(古典文学講読講座)、氏名、住所、電話番号、年齢を明記して、さいたま文学館(〒363‐0022 桶川市若宮1‐5‐9)にお送りください。(9月10日(月)消印有効)

チラシは、こちら


●グーグル提供広告