« 大阪大学総合学術博物館・2016年夏期特集展覧会「科学で楽しむ怪異考 妖怪古生物展」(2016年7月23日(土)~2016年8月27日(土)*日曜日と祝日は休館) | メイン | 川崎から浮世絵文化を伝えた「砂子の里資料館」9月から休館(日本経済新聞) »

2016年8月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●山梨県立文学館 企画展「北杜夫展 ユーモアがあるのは人間だけです」(2016年9月17日(土)~11月23日(水・祝))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/exhibition/2016/05/post-39.html

--------------------

開催概要

幼少期の記憶や繊細をみずみずしく描いた「幽霊」、東京の精神病院を舞台に個性豊かな登場人物が織りなす長篇小説「楡家の人びと」、みずからの体験を軽妙に語る「どくとるマンボウ」シリーズなど、多彩な作品で多くの読者に愛された北杜夫(きたもりお 本名齋藤宗吉 1927~2011)。齋藤茂吉の次男に生まれ、精神科医をつとめながら作家としてのスタートを切ったその生涯は起伏に富み、私生活の様々な側面が話題を呼びました。本展は、清新な詩情とユーモアをたたえた作品によって現代文学に独自の足跡をのこした北杜夫の魅力を、若き日の山梨との関わりにふれつつ、原稿、書簡、書画など約150点の資料で紹介します。

【会場】山梨県立文学館 展示室C
【会期】2016年9月17日(土)-11月23日(水・祝)
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日、11月21日は開館)
【時間】9:00-17:00(入室は16:30まで)
【観覧料】
 
企画展
個人  団体(20名以上)県内宿泊者割引料金・前売券料金
一般  600円  480円
大学生  400円  320円
前売券は8月23日-9月16日の間に当館受付にて販売いたします。
高校生以下の児童・生徒、県内在住の65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方と介護者1名様は観覧無料です。
11月20日(県民の日)は観覧無料。
展覧会のチラシをPDFでご覧いただけます。
北杜夫展チラシ.pdf


●グーグル提供広告