« 博報財団 第12回「国際日本研究フェローシップ」応募受付開始(2016年10月31日(月)事務所必着) | メイン | 国立国会図書館リサーチ・ナビ(調べ方案内)に「江戸時代の藩士を調べるには」掲載 »

2016年8月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●歴史的典籍NW事業・第二回日本漢文学総合討論「"漢文学"は東アジアにおいてどう語られてきたか? ―中国、韓国、そし て日本―」(2016年9月10日(土) 13時30分-18時、大阪大学豊中キャンパス 文学研究科本館2階 大会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報入手はこちら
http://nihonkanbungaku.blogspot.jp/2016/08/blog-post_10.html

--------------------

2016年9月10日(土)
13時30分-18時
大阪大学豊中キャンパス
文学研究科本館2階 大会議室

【開催趣旨
漢文学の歴史を考える際、中国とともに忘れてはならないのが、東アジアの他の国や地域における漢文学の隆盛である。よく知られるとおり、中国以外にも、韓半島、ベトナムなどにおいて、漢文や漢詩が愛好され、社会にお
いて重要な役割を果していた。日本の漢詩文の特徴を考える際には、東アジアの諸地域の状況と比較することが必要不可欠となる。
この研究集会では、韓半島の漢文学を中心に、東アジアの漢文学について様々な知見を得つつ、日本漢文学を新たに捉え直すための議論を行う。その際、歴史的な事実の探求とともに、近代以降、それぞれの国・地域において
、漢文学史がどのように構成されてきたという点にも注目する。
よく知られるとおり、日本では、漢文と母語との間には大きな隔たりがある。それゆえ、漢詩文を自国の文学史の中にどの程度取り込むのか、「国語」や「国文」などの概念の導入とも関わりながら、今日まで、様々な考え方
が提示されてきた。似た言語環境を持つ韓国の場合、漢詩文を自身の文学史において、どのように位置付けているのであろうか。
また近年、中国では「域外漢籍研究」などの呼称のもと、中国以外の地域の漢文学を研究することが盛んである。このような東アジア全体を俯瞰するアプローチをとった場合、日本漢詩文はどのような意義を持つものと見えて
くるのか。
二名の海外の研究者のお話をうかがいながら、率直な意見交換を行い、今後の日本漢文学のあり得べき"語り方"について展望を拓きたい。】

趣旨説明 13:30~13:40
山本嘉孝 YAMAMOTO Yoshitaka (大阪大学講師)

Session 1 13:40~14:00
論点整理 及び プロジェクトの経過報告

Session 2 14:10~15:20
金程宇 JIN Chengyu (南京大学域外漢籍研究所教授)
日本漢詩在東亞文化圈中的意義
東アジア文化圏における日本漢詩の意義
  司会 中本大 NAKAMOTO Dai (立命館大学教授)
  通訳 張麗静 ZHANG Lijing (大阪大学招へい研究員)

Session 3 15:30~16:40
姜明官 KANG Myeong Kwan (釜山大学校文科大学教授)
조선후기 한문학의 公安派 수용의 양상 (한국한문학 연구사 검토를 겸하
여)
朝鮮後期の漢文学における公安派受容の様相 ―韓国漢文学研究史の検討を兼
ねて―
  司会 福島理子 FUKUSHIMA Riko (帝塚山学院大学教授)
  通訳 康盛国 KANG Sung Kook (大阪大学招へい研究員)

総合討論 16:50~17:50
ディスカッサント
大谷雅夫 OTANI Masao (京都大学教授)
齋藤希史 SAITO Mareshi (東京大学教授)  

閉会の辞 17:50~18:00
飯倉洋一 IIKURA Yoichi (大阪大学教授)

使用言語
中国語・韓国語・日本語
(すべて日本語へ通訳されます)

主催:日本漢文学プロジェクト共同研究チーム・大阪大学大学院文学研究科
国際古典籍学クラスター
共催:国文学研究資料館
連絡先: 山本嘉孝研究室
(Tel: 06-6850-5680 E-mail: yamamoto@let.osaka-u.ac.jp @=@)


●グーグル提供広告