« 日本近代文学館「漱石―絵はがきの小宇宙」展関連特別企画 秋の夕べに出会う漱石 講師  堀江敏幸氏、中島国彦氏、祖父江慎氏(2016年9月14日(水)、よみうり大手町ホール ※要申込・チケット) | メイン | 研究集会「新たな古典学としてのリテラシー史研究―多分野融合による可能性を求めて―」(平成28(2016)年9月10日(土)〜9月11日(日)、東北大学川内南キャンパス) »

2016年8月30日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●昭和文学会編集委員会編『昭和文学研究 第73集』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

9月上旬の刊行予定です。

00373_k.jpg

昭和文学会編集委員会編『昭和文学研究 第73集』(笠間書院)

A5判・並製・232ページ
ISBN978-4-305-00373-7 C3393
定価:本体4,200円(税別)

●昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。
昭和文学会●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/

【事務局】
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3 笠間書院内 昭和文学会事務局
電話03-5281-3075

-----------

■ご予約・ご注文はこちら

○全国の書店でご予約・ご注文出来ます。お近くの書店にご注文下さい。

○笠間書院から直接購入することも可能です。笠間書院 Web Shop[クレジット決済]。ネット書店での購入をご希望の場合もこちらをご覧下さい。
http://shop.kasamashoin.jp/bd/isbn/9784305003737/

○公費・郵便振替でのご購入の場合
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

-----------

【目次】

【特集 詩歌と昭和】
前衛詩/初期アナキズム詩における〈グロテスク〉―〈フラン・ヴィタール〉としての『夜から朝へ』―●村田裕和
〈こわれた〉街・〈騙り〉の街への遠近法― 神戸発・昭和詩始動期の詩人たちの仕事 ―●大橋毅彦
「汽罐車」のシンフォニー―山口誓子の俳句連作について―●青木亮人
北園克衛『円錐詩集』論―〈抽象映画〉およびシュルレアリスムとの関わりから―●大川内夏樹
一九四七年の思惟―「荒地」・「肉體」・「桜の森の満開の下」―●宮崎真素美
清岡卓行の位置―永遠と歴史の〈逆立〉―●勝原晴希
クラインは自ら壺を割るか―吉本隆明『固有時との対話』を読む―●疋田雅昭

【論文】
焼跡を読み替える方法―石川淳「焼跡のイエス」とユートピア―●福岡弘彬
坂口安吾「文学のふるさと」と芥川龍之介の遺稿●小谷瑛輔
松本清張と「文学」をめぐる言説配置―「小説新潮」から「純文学論争」へ―●吉野泰平
「今」を照らす起源の「夏」―島尾敏雄「その夏の今は」論―●安達原達晴
分裂する自己、変貌する自己―安部公房『燃えつきた地図』論―●片野智子
現代日本語文学の中の「台湾」―津島佑子『あまりに野蛮な』論―●笹沼俊暁

【資料紹介】
昭和十一年 詩誌『椎の木』細目●外村彰

【研究動向】
火野葦平●掛野剛史
開高健●中根隆行
伊藤比呂美●跡上史郎

【研究展望】
「少女小説」を編む―『少女小説事典』編纂の記録―●久米依子
安保法制と社会運動を考える●佐藤泉
「国際三島由紀夫シンポジウム2015 」の意義●佐藤秀明

【書評】
土屋忍著『南洋文学の生成 訪れることと想うこと』●池内輝雄
池田啓悟著『宮本百合子における女性労働と政治―一九三〇年代プロレタリア文学運動の一断面―』●峯村康広
村上陽子著『出来事の残響―原爆文学と沖縄文学』●友田義行
グプタ・スウィーティ著『平林たい子 社会主義と女性をめぐる表象』●池田啓悟
竹内栄美子著『中野重治と戦後文化運動―デモクラシーのために―』●鳥羽耕史
日高佳紀著『谷崎潤一郎のディスクール 近代読者への接近』●西野厚志
禧美智章著『アニメーションの想像力 文字テクスト/映像テクストの想像力の往還』●米村みゆき

【新刊紹介】
大橋毅彦・関根真保・藤田拓之編『上海租界の劇場文化』
庄司達也編『芥川龍之介 ハンドブック』
西原大輔編著『日本名詩選』1〜3
長谷川啓・岡野幸江編『戦争の記憶と女たちの反戦表現』
松本徹著『三島由紀夫の生と死』
若杉美智子・鳥羽耕史編『杉浦明平 暗夜日記1941-45: 戦時下の東京と渥美半島の日常』
外村彰編『高祖保集 詩歌句篇』
大橋崇行・山中智省編著『ライトノベル・フロントライン1 』
綾目広治著『教師像―文学に見る―』
安藤宏著『「私」をつくる―近代小説の試み―』
野村幸一郎著『日本近代文学はアジアをどう描いたか』
山内史著『太宰治の『晩年』―成立と出版―』


●グーグル提供広告