« 学際シンポジウム「近代日本の日記文化と自己表象―人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか―」(2016年9月17日(土)、18日(日)、明治学院大学白金校舎、本館10階大会議室) | メイン | 明治大学和泉キャンパス図書館内ギャラリー「演劇人、詩人、文学者としての唐十郎展」(2016年9月30日(金)~10月10日(月)) »

2016年8月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第56回研究例会「〈3・11〉後の表現を考える―演劇・サブカルチャー・文学・ドラマ―」(2016年9月17日(土)、立教大学池袋キャンパス 本館2階 1202教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/IJS/index.html

--------------------

第56回研究例会「〈3・11〉後の表現を考える―演劇・サブカルチャー・文学・ドラマ―」

日時 2016年9月17日(土)14:00~16:50(開場13:30)
会場 立教大学池袋キャンパス 本館2階 1202教室
内容 2011年3月11日に起こった東日本大震災から5年が過ぎ、今もなお被災地には、グラデーションを帯びたように多彩な被災状況がある。あの日から、あらゆる表現(活動/者)は、震災という事態を前に「何ができるのか」を問う声が多く聞かれ、様々な作品が発表され、議論が行なわれてきた。本企画では、「5年」という時間を視野に入れながら、「何ができるのか」ではなく、「何を表現したのか」「何が表現されたのか」に焦点を当て、複数のジャンルからの〈3・11〉に対する視角について考えてみたい。
講師 松本 和也(神奈川大学外国語学部准教授、日本学研究所特任研究員)
住友 直子(立教大学学校・社会教育講座教育研究コーディネーター、日本学研究所研究員)
山田 夏樹(法政大学文学部助教、日本学研究所特任研究員)
後藤 隆基(立教大学社会学部教育研究コーディネーター、日本学研究所研究員)
金子 明雄(立教大学文学部教授、日本学研究所所員)
プログラム 13:30    開場
14:00-14:10 開会挨拶 金子 明雄
14:10-14:45 「〈3・11〉と劇団四季―『ユタと不思議な仲間たち』の東北巡演を視座として―」後藤 隆基
14:45-15:20 「〈3・11〉とサブカルチャー表象」山田 夏樹
15:20-15:30 休憩
15:30-16:05 「埴谷雄高「死霊」を読み直す―〈3・11〉以後のなかで―」住友 直子
16:05-16:40 「坂元裕二ドラマにおける〈3・11〉―『最高の離婚』・『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』を中心に―」松本 和也
16:40-16:50 閉会挨拶 金子 明雄


●グーグル提供広告