« 笠間書院のメールマガジン [243号]刊行しました | メイン | 淀川資料館・門真市歴史資料館・鍵屋資料館 合同企画展関連講座「江戸時代の旅と交通」講師:胡桃沢勘司氏(2016年10月22日(土)※要チケット) »

2016年8月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●室生犀星記念館 企画展「『感情』時代-僕らが一番熱かった頃-」(平成28年7月1日(土)~11月6日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanazawa-museum.jp/saisei/exhibition/index.html

--------------------

企画展「『感情』時代-僕らが一番熱かった頃-」
展示期間:平成28年7月1日(土)~11月6日(日)

 室生犀星と萩原朔太郎、"二魂一体"と称された二人が自分達のアイデンティティを確立し、発信するべく創刊した詩誌「感情」は今から100年前、大正5年の6月に誕生しました。詩人として歩み始めた二人の若者が絶対的に大切にしてきたもの、そして当時の文壇・詩壇への反逆・挑戦の精神が、この「感情」という詩名にはこめられています。「感情」は大正8年11月まで3年半続き、32号を数えました。この間に多田不二、竹村俊郎、恩地孝四郎、山村暮鳥らの仲間を加え、それぞれが熱い思いをかかえ、ここをよりどころにして詩作を発展させ飛躍していきました。その大きな一歩として、朔太郎の『月に吠える』、犀星の『愛の詩集』など、かれらの第一詩集が感情詩社から出されています。本展示では、「感情」に集った若き詩人達の苦悩と情熱を感じていただければと思います。

企画展関連イベントはコチラから

講座はコチラから


●グーグル提供広告