« 昭和文学会編集委員会編『昭和文学研究 第73集』(笠間書院) | メイン | 四国大学・助教または講師の公募(中古文学・国語科教育分野)(2016年08月27日 ~ 2016年09月30日 必着) »

2016年8月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●研究集会「新たな古典学としてのリテラシー史研究―多分野融合による可能性を求めて―」(平成28(2016)年9月10日(土)〜9月11日(日)、東北大学川内南キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20160910_touhoku_conference.pdf

--------------------

大規模学術フロンティア促進事業「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」による研究集会

平成28(2016)年9月10日(土)〜9月11日(日)
東北大学川内南キャンパス文科系総合講義棟2階203室
(宮城県仙台市青葉区川内27-1)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/kawauchi/areac.html
【会場案内】
JR仙台駅より仙台市地下鉄東西線「八木山動物公園駅」行き乗車、「川内駅」下車、南2番出口から徒歩約5分
【問い合わせ先】
東北大学大学院文学研究科国文学研究室(TEL)022-795-5957

主催
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館
国立大学法人東北大学大学院文学研究科・ヨッタインフォマティクス研究センター・附属図書館

○会期中の東北大学附属図書館所蔵の典籍の特別展示
日時:平成28(2016)年9月10日(土)・11日(日)の両日の10:30〜14:30
場所:東北大学川内南キャンパス附属図書館本館1階多目的室
国宝の史記と類聚国史のレプリカをはじめ東北大学附属図書館所蔵の貴重な典籍を展示いたします。


□一日目
9月10日(土) 受付開始12:50

第1部 13:30〜17:00
開会の挨拶 国文学研究資料館副館長 谷川惠一
会場校挨拶 東北大学大学院文学研究科副研究科長 才田いずみ

シンポジウム「新たな古典学としてのリテラシー史研究」
・17・18世紀の〈物語草子〉とリテラシー研究―デジタル画像データを手がかりにして― 山形大学 宮腰直人
・和訓の選定プロセスから見た中古・中世のリテラシー史 山形大学 ジスク・マシュー
・兵学者、長沼澹斎の知―『兵要録』に着目して― 東北大学 高橋禎雄

コメンテーター・ディスカッサント
国文学研究資料館 海野圭介
九州女子大学 山下真里
東北大学 片岡龍

司会 東北大学 佐倉由泰

レセプション会場:東北大学文系厚生会館


□二日目
9月11日(日) 受付開始9:30 

第2部 10:00〜12:00
公開講演「リテラシー史研究と情報学をめぐる可能性と課題」

・クオリティ情報学の可能性―激増する情報量の壁を超えて― 東北大学ヨッタインフォマティクス研究センター長・電気通信研究所 村岡裕明
・居初つなの文化業績 慶應義塾大学文学部 石川透

司会 東北大学 横溝博

第3部 13:00〜16:00
総合討論「古典学の未来へ―多分野融合を通して―」

・古典籍活用のための画像データ解析学の挑戦 東北大学 大町真一郎
・総合書物学からの画像リテラシーについての提言 国文学研究資料館 入口敦志
・日本近代文学からの古典籍研究への期待と提言 都留文科大学 野口哲也
・コーパス日本語学からの古典語彙調査についての提言 明治大学 田中牧郎
・中国学からの日本にある漢文古典籍の電子データ化についての提言 東北大学 佐竹保子

司会 東北大学 大木一夫

閉会の挨拶 東北大学附属図書館事務部長 米澤誠


●グーグル提供広告