« 板橋区立美術館「サザエさん生誕70年記念 よりぬき長谷川町子展」(2016年8月27日(土)~10月10日(月・祝)) | メイン | 昭和文学会編集委員会編『昭和文学研究 第73集』(笠間書院) »

2016年8月30日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本近代文学館「漱石―絵はがきの小宇宙」展関連特別企画 秋の夕べに出会う漱石 講師  堀江敏幸氏、中島国彦氏、祖父江慎氏(2016年9月14日(水)、よみうり大手町ホール ※要申込・チケット)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.bungakukan.or.jp/cat-whatsnew/7856/

--------------------

「漱石―絵はがきの小宇宙」展関連特別企画
秋の特別展「漱石―絵はがきの小宇宙」展に関連し、一夜限りのスペシャルイベントを開催いたします!

秋の夕べに出会う漱石

講師  堀江敏幸氏、中島国彦氏、祖父江慎氏 (登壇順)
日時  2016年9月14日(水) 18:30-20:30(18:00開場)
会場  よみうり大手町ホール
    (東京メトロ「大手町駅」C3出口直結)
定員  500名(全席自由)
入場料  3000円(会員・学生2000円 )
チケット購入  ローソンチケット Lコード 31950
発売期間  2016年8月14日~9月11日
*ローソンチケットのみの販売です。
会員・学生の方は文学館へ直接お電話ください。

お問い合せ 日本近代文学館「秋の夕べ」係 03-3468-4181

主催 公益財団法人日本近代文学館  読売新聞東京本社


第1部 クロストーク

「初公開 漱石宛て絵はがきを/絵はがきで語る」  堀江敏幸 × 中島国彦
岩波書店に長く保管されていた、夏目漱石に宛てて知人や読者から送られた絵はがき312通。
そのなかから選りすぐりの絵はがきの画像を直接見ながらの、作家と研究者の対話。

堀江敏幸/作家、フランス文学者
1964年岐阜県生まれ。早稲田大学文化構想学部教授。2001年「熊の敷石」で芥川賞、06年『河岸忘日抄』で読売文学賞など受賞多数。主著に『郊外へ』『おぱらばん』『雪沼とその周辺』など。翻訳も多くある。最新作『その姿の消し方』では「詩」が書かれた「絵はがき」から物語がはじまる。

中島国彦/日本近代文学研究者
1946年東京生まれ。早稲田大学名誉教授、公益財団法人日本近代文学館専務理事。早稲田大学大学院博士課程修了、博士(文学)。著書『近代文学にみる感受性』(筑摩書房)、『夏目漱石の手紙』(共著、大修館書店)など。「漱石―絵はがきの小宇宙」展編集委員を務める。

第2部 トーク

「漱石に出会う」 祖父江慎
各時代・各出版社の夏目漱石『坊っちゃん』文字組みの変遷を研究するため、事務所の本棚には新旧500冊以上の『坊っちゃん』本が並んでいるという。漱石作品の醍醐味、ブックデザイナーの視点からの読み解き方、現在進行中の『吾輩は猫である』の装幀裏話など、大いに語る。

祖父江慎/ブックデザイナー コズフィッシュ代表
1959年愛知県生まれ。90年コズフィッシュ設立。人文書、小説、漫画などの書籍の装丁やデザインを幅広く手がける。講談社出版文化賞・ブックデザイン部門(97年)、造本装幀コンクール文部科学大臣賞(2004年)などを受賞。岩波書店が『心』を刊行してから100年となった14年、新しい『心』のブックデザインを手がけ、大きな話題となる。16年1月から3月には日比谷図書文化館で、特別展「祖父江慎+コズフィッシュ:ブックデザイ」が開催された。


●グーグル提供広告