« 久保田 淳著『鏡花水月抄』(翰林書房) | メイン | 日本文学協会近世部会「近世部会誌 第10号」(2016.3.25発行) »

2016年8月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京国立博物館 特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」(2016年9月13日(火)~12月11日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1779

--------------------

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」
本館 特別5室 2016年9月13日(火) ~ 2016年12月11日(日)

滋賀県甲賀市に所在する天台宗の古刹、櫟野寺(らくやじ)には重要文化財に指定される平安時代の仏像が20体も伝わります。
その数は、優れた仏像が数多く残る滋賀県でも特筆されます。本展は、20体すべてを寺外で展示する初めての機会です。本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3mもある圧巻の作品で、普段は大きく重い扉に閉ざされる秘仏です。重厚感ある堂々とした姿ですが、美しい顔立ちは、見る人に安らぎを与えることでしょう。その十一面観音とともに2.2mある薬師如来坐像が並ぶ様子は壮観といえます。他にも、11体の観音や、どこか親しみのある毘沙門天立像、文治3年(1187)に造られたことが知られる貴重な地蔵菩薩坐像なども出品され、櫟野寺に伝わる平安彫刻の傑作を一時にご覧いただける展覧会です


●グーグル提供広告