« 日本文学協会近世部会「近世部会誌 第10号」(2016.3.25発行) | メイン | 笠間書院のメールマガジン [242号]刊行しました »

2016年8月 5日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●川口市メディアセブン トークイベント「恐怖を愉しむ―江戸の怪談文化」講師:近藤瑞木氏(2016年8月31日(水)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

イベント情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.mediaseven.jp/event.html?no=978&prv=top

--------------------

開催日付:2016年08月31日(水)
開催時間:19:00~21:00
開催場所:ワークスタジオB
対象:どなたでも(定員40名、先着)
料金:500円

「恐怖を愉しむ―江戸の怪談文化」

日本の夏の風物詩とも言える怪談。不思議な力を秘めた超自然的な存在である妖怪をはじめ、「怪談」は口頭伝承や文芸、絵画などを通じて、長い歴史の中で築き上げられてきました。とりわけ、近世は読み物、演芸、演劇などさまざまなジャンルにわたって「怪談物」が盛行し、「恐怖のエンタメ」として成熟と洗練を深めた時代でありました。そのような江戸の怪談文化の魅力と愉(たの)しさについて、怪談研究をされている近藤瑞木さんに紹介していただきます。

講師名:近藤瑞木(首都大学東京 人文科学研究科 日本文学教室 准教授)
講師プロフィール:専門は日本近世文学。著作に『百鬼繚乱ー江戸怪談・妖怪絵本集成』(国書刊行会)、『初期江戸読本怪談集』(共編、国書刊行会)、『幕末明治百物語』(共編、国書刊行会)、『怪異物挿絵大全』(共編、笠間書院)など。

申込方法:以下のいずれかの方法でお申込ください
■来館(メディアセブンカウンターにて申込) 
■メール event@mediaseven.jpまで必要項目(開催日・氏名・ふりがな・生年月日・〒・住所・電話番号)を記入の上送信。
■下記の「このイベントに申し込む」をクリックし、必要項目を入力してお申込みください。

*先着順での受付になります。
申込期限:2016年06月28日(火) ~ 2016年08月30日(火)


●グーグル提供広告