« 大東文化大学・書道研究所専任研究員公募(2016年09月30日 必着) | メイン | 平成28年度 第5回伝音セミナー「『玉堂琴譜』の再現」進行役:武内恵美子氏(平成28年9月1日(木)) »

2016年8月18日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●古今伝授の里フィールドミュージアム 現代アート展「歌となる言葉とかたち2016-2017」2016年展示会(2016年7月30日(土)~9月4日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://kokindenjunosato.blogspot.jp/2013/10/2013.html

--------------------

歌人と造形作家がコラボレーションして作品を生み出す、これが「歌となる言葉とかたち」です。
 
具体的には、造形作家が歌人の歌を選び、歌人との交流の中で造形作品を制作していきます。その作品を展示するのが「歌となる言葉とかたち」展です。

「歌となる言葉とかたち」では、歌人が詠んだ現在の歌に対して、いま造形作家が感じたことを作品として表現します。だからとても現代性のある作品が展示されます。その意味で、現代アート展といえます。

現代アートというと「難しい」という声をよく聞かれます。でも、現代アートに答えはありません。歌をもとに、作品が配置された場所を手掛かりに、作品を鑑賞してみてください。きっとあなたの心に感じる何かが生まれるはずです。


■ 期間(2016年の作品を展示する期間)
2016年7月30日(土)~9月4日(日)
※期間中火曜日は休館。
※2017年の作品は、2016年から約1年後に発表されます。

■ 会場
古今伝授の里フィールドミュージアム 一帯

■ 料金
無料

■ お問い合わせ
古今伝授の里フィールドミュージアム
TEL 0575-88-3244
(火曜定休・火曜日が祝日の場合は翌平日休館)
9:00~17:00


※写真は「歌となる言葉とかたち2015」の作品です。


●グーグル提供広告