« 異類の会・伊藤慎吾氏「ライトノベルの中の妖怪」(第66回)(2016年7月22日(金)、國學院大學若木タワー) | メイン | 和歌山市立博物館 平成28年度夏季特別展・玉津島神社宝物展「玉津島 衣通姫(そとおりひめ)と三十六歌仙」(2016年7月16日(土)~8月21日(日)) »

2016年7月21日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●監修:片山宏行・山口政幸 編集:若松伸哉・掛野剛史『菊池寛現代通俗小説事典』(八木書店)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

片山宏行氏よりいただきました。

m9784840697613.jpg

●公式サイトはこちら
https://catalogue.books-yagi.co.jp/books/view/2133

菊池寛現代通俗小説事典
(きくちかんげんだいつうぞくしょうせつじてん)
監修:片山宏行・山口政幸 編集:若松伸哉・掛野剛史
A5判

本体9,800円+税
初版発行:2016年7月20日
A5判・上製本・カバー装・448頁
ISBN 978-4-8406-9761-3 C0095

登場人物相関図・ビジュアル資料・他を駆使し46作品を解説!
日本近代文学史のミッシングリンクの解明!
メディア戦略・大衆読者の形成・物語の復権

【内容説明】
大正中期、婦人雑誌を中心とする大衆誌や、新聞社の読者獲得にもっとも効果的な販売戦略は、通俗小説を掲載することでした。人気作品はその期待に応え紙価を高め、作者の原稿料・印税も上がりました。多くの読者を獲得した通俗小説は、どのような工夫が盛り込まれているのでしょうか?
 純文学作品が切り捨ててきた物語性の豊かさや、現代風俗を物語の中に巧みに盛り込む必要があります。「真珠夫人」を筆頭とする菊池寛の現代通俗小説の多くは活字を越えて劇化・映画化・ラジオドラマ化され、流行歌にもなって大衆に広がりました。そして、新たな読者の再生産が行われ、掲載紙誌の発行部数を増やしました。まさにメディアミックスの真の先駆けといえるでしょう。
 本書は、近年ようやく出版・演劇・映画・風俗などの各方面から菊池寛に注目が集まる中、その現代通俗小説全46作品を、登場人物相関図・あらすじ・キーワード・解説・ビジュアル資料という5つの項目から多角的に解明します。純文学主体の文学史研究から、幅広く均衡がとれた正確で豊かな文学史研究を目指す多くの研究者と、面白い小説の愛読者に不可欠な事典の誕生です。

【目次】
系譜とパターン(山口政幸)

収録作品名〔発表年代順46作品〕

真珠夫人・毒の華・慈悲心鳥・火華・新珠・陸の人魚・受難華・第二の接吻・赤い白鳥・結婚二重奏・明眸禍・新女性鑑・東京行進曲・不壊の白珠・心の日月・壊けゆく珠・姉妹・青春図会・有憂華・蝕める春・勝敗・春蕾・良人ある人々・新女人粧・未来花・妖麗・花の東京・結婚街道・蒼眸黒眸・無憂華夫人・明麗花・日像月像・三家庭・生活の虹・貞操問答・結婚の条件・街の姫君・新道・禍福・恋愛白道・美しき鷹・結婚天気図・女性の戦ひ・愛憎の書・女性本願・美しき職能

解説(片山宏行)


《菊池寛現代通俗小説》資料編

「連載小説論」(菊池寛)
単行本書誌(掛野剛史)
上演作品リスト(片山宏行)
上演作品リスト(山口政幸・佐藤忠信)
連載期間年表(山口政幸・佐藤忠信)
菊池記念館版全集・全作品名索引(片山宏行)


●グーグル提供広告