« 第四十三回 西鶴研究会(2016年8月25日(木)午後2時~6時、青山学院大学総合研究ビルディング18会議室(10階)) | メイン | 大正イマジュリィ学会第37回研究会 シンポジウム:アート? デザイン? 道楽?―大阪イマジュリィをもとめて[特別講演  肥田晧三氏「大阪・大正イマジュリィ」](2016年7月31日(日)15時から、大阪市中央公会堂3階小集会室) »

2016年7月20日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国から研究費、論文を原則公開 ネット上で、根拠のデータも対象(朝日新聞)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【公的資金を使った研究について、政府は学術論文やデータをネット上で原則公開させる方針を決めた。国内の科学技術関連予算は年間約4兆円に上るが、論文の多くは有料の商業誌に掲載され、自由に閲覧できない。成果を社会で広く共有し、研究の発展を促す狙い。】
つづきはこちらから。朝日新聞。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12175059.html


●グーグル提供広告