« 国立国語研究所「消滅危機言語・方言」プロジェクトが隠岐の島合同調査参加募集[対象=方言のフィールド調査に興味を持つ国内の大学院生](応募締切 2016年7月31日 (日)) | メイン | 時代薄小説 真田幸村 田辺南鶴講演 石原明倫速記(カクヨム・ 山下泰平氏) »

2016年7月 2日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●三の丸尚蔵館 第73回展覧「駒競(こまくらべ)―馬の晴れ姿」(平成28年7月9日(土)~9月4日(日)。前期:7月9日(土)~7月31日(日)、後期:8月6日(土)~9月4日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai73.html

--------------------

会期
平成28年7月9日(土)~9月4日(日)
前期:7月9日(土)~7月31日(日)
後期:8月6日(土)~9月4日(日)

休館日:毎週月・金曜日
ただし,7月18日(月・祝)は開館し,7月19日(火)は休館いたします。

開館時間:7月9日(土)~8月31日(水)
午前9時~午後4時45分(入館は午後4時30分まで)
9月1日(木)~9月4日(日)
午前9時~午後4時15分(入館は午後4時まで)

【概要
古来,馬は人々の生活には欠かせない存在として身近にあり,わが国の美術作品の中でも最も多く取り上げられた動物の一つでした。馬は農作業や,貨物や情報を運搬伝達する手段として人々の生活に役立ち,戦場でもその俊敏な機動力がいかされました。そのため,馬は人を乗せた姿で多く描かれましたが,気高く勇壮な姿が愛でられて馬だけで描かれることもありました。武士の間では優れた馬を所有することは,権力の象徴として自らの社会的地位を高めることにつながり,馬は屋敷の奥にある厩の中で大切に飼育されました。厩につながれた馬を主題とする「厩図屏風」はその様子を描いた作品です。
皇室においても馬との関わりは少なくありません。宮中に伝わる文化の一つとして,古くは奈良・平安時代に遡る古式馬術(打毬,母衣引)が現在でも受け継がれています。また,天皇皇后両陛下の昭和34年のご結婚や平成2年のご即位における馬車列を記憶されている方も多いことでしょう。そのほか,皇居宮殿で行われる信任状捧呈式の際,新任の外国大使の送迎にも希望により儀装馬車が用いられ,国際親善の実を挙げています。
本展では,わが国の近世から近代にかけて制作された作品を中心に諸外国の作品を併せて取り上げ,馬がこれまでどのように美術として表されてきたのかに注目することで,馬にまつわる歴史や文化にもふれていただく機会といたします。】

<主な出品作品>「蒙古襲来絵詞」前巻 鎌倉時代(13世紀) 前期展示 前巻第17紙 ほか


●グーグル提供広告