日本出版学会 出版編集研究部会 膨大な配信データから、今を創る! ―『書評大全』『追悼文大全』『映画評大全』の編集から見えてきたこと― 報告:飛鳥勝幸氏(2016年9月21日(水)、日本大学法学部 ※要申込)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.shuppan.jp/yotei/789-2016921.html

——————–
■日本出版学会 出版編集研究部会のご案内(2016年9月21日開催)
膨大な配信データから、今を創る!
―『書評大全』『追悼文大全』『映画評大全』の編集から見えてきたこと―
 三省堂の現役編集者として活躍されている飛鳥勝幸会員は『書評大全』『追悼文大全』『映画評大全』と 大全シリーズの3つの大事典を企画・編集してこられました。その編集を通じて”企画の方向性と今日的問題点”などをご報告いただきます。
 とりわけ、『書評大全』は、共同通信配信の書評16年分(1998年~2014年)を1冊に凝縮したもので、掲載書名約5000点、評者約1600人を数え、「書名、著者・編者、訳・監訳者、写真家、評者、出版社索引、そして楽しめるキーワード索引付き」からなります。書評から見る出版文化史を語っていただきます。
日 時: 2016年9月21日(水) 午後6時30分~8時45分
報 告: 飛鳥勝幸会員(三省堂・出版局勤務)
場 所: 日本大学法学部 4号館145講堂
        東京都千代田区三崎町2丁目3番1号
会 費: 日本出版学会・会員無料・会員外一般参加費500円(ただし、学生は無料)
定 員: 40名(満席になり次第締め切ります。やむなくお断りすることもあります)
問合先: 出版編集研究部会/富川淳子 a.tomikawa@nifty.com
      準備の都合上、「メール」でお申込いただければ幸いです。
主 催: 出版編集研究部会(担当理事:富川淳子)