千代田区立日比谷図書文化館 特別展「江戸からたどる マンガの旅 ~鳥羽絵・ポンチ・漫画~」(2016年9月17日(土)~11月16日(水))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/hibiya/museum/edo-manga2016.html

——————–
特別展
江戸からたどる マンガの旅
~鳥羽絵・ポンチ・漫画~
日比谷図書文化館は、「江戸からたどるマンガの旅 ~鳥羽絵・ポンチ・漫画~」を開催します。
日本のマンガのはじまりについては諸説ありますが、本展では、マンガは多くの人が親しむ大衆
メディアであることを前提とし、印刷出版文化が発達した江戸中期の「戯画」を旅の出発点にします。
鳥羽絵から始まり、江戸のヒットメーカーであった歌川国芳、幕末・明治に活躍した河鍋暁斎など人気浮世絵師が描いた戯画や明治・大正期に活躍した北沢楽天、岡本一平の作品、昭和初期の数々の漫画雑誌まで、京都国際マンガミュージアム所蔵の貴重なコレクションにより、約230年を旅しながら、現代のマンガへいたる流れをたどっていきます。
《会期》
 20016年 9月17日(土)~ 11月16日(水)※ 休館日 9月19日(月・祝)、10月17日(月)
前期:20016年 9月17日(土)~ 10月16日(日)
後期:20016年 10月18日(火)~ 11月16日(水)
《開室時間》
 平日10:00~20:00、土曜10:00~19:00、日祝10:00~17:00
(入室は閉室の30分前まで)
《観覧料》
 一般300円、大学・高校生200円
 千代田区民・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は無料
 ※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳をお持ちください。
《主催》
千代田区立日比谷図書文化館
《特別協力》
京都国際マンガミュージアム、京都精華大学国際マンガ研究センター
《監修》
清水 勲(漫画・風刺画史研究家、京都精華大学国際マンガ研究センター研究顧問)
《本展のみどころ》
■ 江戸の戯画から昭和初期の漫画雑誌まで、展示替えも含め約200点の展示物により、
  江戸から始まる日本マンガの足跡を紹介します。
■ 歌川国芳や河鍋暁斎など人気浮世絵師が描いた作品も紹介、戯画に用いられたマンガ的な表現
 を探ります