« 西日本新聞日曜読書館(2016.7.24)に、副田賢二著『〈獄中〉の文学史 夢想する近代日本文学』の書評が掲載されました[評・前山光則氏]。 | メイン | 国立国語研究所「日本語言語資源の包括的高度共同利用環境の整備」【形態素解析用辞書整備】 プロジェクト非常勤研究員 公募(2016年07月28日 ~ 2016年09月01日 必着 16時必着) »

2016年7月27日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●東アジアと同時代日本語文学フォーラム×高麗大学校日本研究センター編『跨境(こきょう) 日本語文学研究 第3号』特集:文化翻訳/翻訳文化(笠間書院・発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

8月上旬刊行です。

40303_k.jpg

東アジアと同時代日本語文学フォーラム×高麗大学校日本研究センター編
『跨境(こきょう) 日本語文学研究 第3号』特集:文化翻訳/翻訳文化
Border Crossings : The Journal of Japanese - Language Literature Studies Vol.3 
ISBN978-4-305-40303-2 C0095
定価:本体2,000円(税別)
B5判・並製・232頁

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」という日本語文学についての研究者の集団が母体となり、高麗大学校日本研究センターと刊行する学術雑誌『跨境(こきょう) 日本語文学研究』を委託販売いたします。

●『跨境(こきょう) 日本語文学研究』のfacebookページはこちら
本誌への投稿案内もこのサイトで行っています。
https://www.facebook.com/journal.border.crossings

「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」は、2013年に設立されたもので、韓国、中国、台湾、日本の各地域の近代日本語文学の研究者が参加しています。本書は、同フォーラムのメンバーを中核としながら、編集担当者の参加地域と参加者数を拡大して刊行します。
編集委員、査読委員は、各地域におけるこの分野の第一線の研究者に協力を仰ぎ、たんに多様な地域をカバーする国際誌であるというだけではなく、質的にもトップクラスの論考が集まる、真の意味での国際誌となることを目指すべく創刊されました。

●創刊の辞
https://www.facebook.com/journal.border.crossings/posts/484339741703657

雑誌のタイトルとなった『跨境(こきょう)』は境界をまたぐという意味です。たんに越すということではなく、跨いでつなぐ。それぞれの局地性や立場を無視することなく、そこに一方の足場を置きながら、さまざまな〈境〉の向こうに他方の足を伸ばすことを目指しています。
【跨ぐことは、時に越えることよりも難しいかもしれない。だがいまこそ、その試みが必要だ。分断を一気に解消する方策など、ありはしない。すべての多様な人々を包括するような場も、できようはずがない。しかしそれでもなお粘り強く、境を跨ぎ、つなぎ続けることが重要だと私たちは信じる。『跨境/日本語文学研究』が、異なる立場、異なる考えをもつ者たちの、邂逅と対話の場となることを願っている。】...創刊の辞より

第3号は「文化翻訳/翻訳文化」を特集します。

----------
[本書の販売方法]

全国の書店でご注文頂けます。
また、オンライン書店でのご購入はこちらをご参照ください。

版元ドットコム●『跨境(こきょう) 日本語文学研究 第3号』
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-40303-2.html

または、直接小社まで、メールで info@kasamashoin.co.jp ご連絡いただいても構いません。またはこちらのフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

□第一号はこちら。特集:東アジアにおける日本語雑誌の流通と植民地文学
http://kasamashoin.jp/2014/09/post_3004.html
□第二号はこちら。特集:大衆化社会と日本語文学
http://kasamashoin.jp/2015/08/2_2015424.html

----------

【目次】

□エッセイ―跨境の言葉
口承文学と脳内テクストについて●聶珍釗
「帝国」と「民族」の交差路で―林和研究からはじめて●渡辺直紀
和諍の政治●趙性澤

□特集 : 文化翻訳/翻訳文化
元台湾語通訳者市成乙重とアジア・太平洋戦争期の「福建語」●冨田哲
「巡礼の旅」のポリティクス―島崎藤村の南米訪問とその語り●岡英里奈
李桃丘子と俳句--朝鮮俳句の解放/敗戦前後から現在へ●中根隆行
越境する『砂の女』―安部公房、T・S・エリオット、ポール・ボウルズ●大場健司
言語体験としての旅―佐藤春夫の「台湾もの」における「越境」●河野龍也
「満州文学」における大内隆雄の翻訳活動―「満人作家」の理解者、代弁者として●単援朝
ヴェルヌから包天笑まで―鉄世界の重訳史●陳宏淑
リービ英雄「千々にくだけて」論―複数性・翻訳・俳句●藤田祐史

□一般論文
植民地期台湾における日本語俳句の受容と課題―植民地期朝鮮俳壇と比較して●磯田一雄

□研究資料
「高砂寮」(戦後の「清華寮」)関連記事―『台湾日日新報』より●横路啓子
朝鮮総督府機関紙〈『京城日報』文学資料DB構築〉事業●金孝順
「満洲国」時代に刊行された日本語文学資料の保存と整理●劉春英
「國民詩歌」―朝鮮半島における日本語詩歌文学の終章●嚴仁卿

□フォーラム参加記
「東アジアと同時代日本語文学フォーラム」台湾大会を傍聴して●波潟剛

『跨境/日本語文学研究』編集委員会規定
『跨境/日本語文学研究』査読規定
『跨境/日本語文学研究』研究倫理規定
『跨境/日本語文学研究』論文投稿規定
『跨境/日本語文学研究』原稿作成要領
『跨境/日本語文学研究』原稿作成例示
『跨境/日本語文学研究』編集委員及び査読委員の名簿


●グーグル提供広告