« 国から研究費、論文を原則公開 ネット上で、根拠のデータも対象(朝日新聞) | メイン | 弘前大学・「日本近現代文学」の教員公募(2016年10月14日 必着) »

2016年7月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●大正イマジュリィ学会第37回研究会 シンポジウム:アート? デザイン? 道楽?―大阪イマジュリィをもとめて[特別講演  肥田晧三氏「大阪・大正イマジュリィ」](2016年7月31日(日)15時から、大阪市中央公会堂3階小集会室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://d.hatena.ne.jp/taisho-imagery/20160720/1468995455

--------------------

日時:2016年7月31日(日)15時から(受付開始14時30分)
場所:大阪市中央公会堂3階小集会室
主催:大正イマジュリィ学会
後援:大阪市
参加費:無料
定員:100名 事前申し込みは不要ですが、満席の場合、入場できない場合があります。

【開催趣旨
 イマジュリィ"とはイメージ図像を指すフランス語で、挿絵・ポスター・絵はがき・広告・漫画・写真など大衆的な図像の総称として用いられます。大正イマジュリィ学会は、日本の視覚文化を考える上でも重要な、大正時代を中心とする20世紀初頭をクロース・アップし活動してきました。今回は"イマジュリィ"の宝庫でもある大阪をテーマにしたシンポジウムを、大正時代に麗な姿を現した大阪市中央公会堂(1918年竣工、国指定重要文化財)で開催いたします。
 江戸時代から近現代にかけて大阪は、経済力を背景とした都市経営や都市基盤の整備、文化、出版・マスコミ・宣伝などの情報産業の発達、五座を謳われた道頓堀などの芝居の賑わい、個性的な作家や美術家、音楽家の活動など、ユニークな特質を発揮した都市でした。しかしまた、大阪が生み出した多種多様な"イマジュリィ"をみると、印刷・広告など「実用の世界」と、宝船交換会に象徴される趣味家による"道楽"とも呼ばれた「趣味の世界」が、入れ子細工のように組み合って全体が形成されています。東京や京都と比較したとき、西洋から移入された近代的概念である"芸術"は、大阪のどの辺りに位置し、どのように呼吸していたのでしょうか。
 シンポジウムでは、「三都」に数えられながらも、東京、京都とは異質な大阪の都市文化が生み出した"イマジュリィ"を様々な角度からとりあげ、"イマジュリィ"研究の現状・課題を問題提起します。】

プログラム

趣旨説明(15:00~15:10)
特別講演(15:10~16:10)
肥田晧三「大阪・大正イマジュリィ」
休憩:(16:10~16:20)
報告(16:20~17:40)
「イマジュリィ蒐集と都市イメージ探求」
橋爪節也(大阪大学総合学術物館)
「〈実用〉と〈趣味〉の間で―浮世絵師たちの近代」
熊田司(和歌山県立近代美術館)
「路線図のなかの大阪」
船越幹央(大阪歴史博物館)
「グラフィックデザインの視点によるイマジュリィ」
高橋善丸(大阪芸術大学)
ディスカッション(17:40~18:40)
司会 菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室)


●グーグル提供広告