『瞿麦』第30号記念号(日本女子大学)

いただきました。
1882-9988-30.jpg
A5判・並製・110ページ
2016.3.30発行
ISSN 1882-9988
●【執筆のご希望やお問い合わせ等】は下記までご連絡ください。
〒112-8681
東京都文京区目白台2-8-1
日本女子大学文学部日本文学科
高野研究室気付 瞿麦会
メール htakano@fc.jwu.ac.jp
【目次】
『瞿麦』第三十号に寄せて/高野晴代
『古今集』の「紅葉」を「幣」に見立てる歌をめぐって/佐田公子
日中古代女性作家の「苦境」と「楽境」/孫佩霞
 —-日中古代の「家庭エコロジー」の差異を切り口に—-
清和天皇の後宮/一文字昭子
 —-その政治的意義—-
『江師集』前半部について/高野瀬惠子
 —-登場人物と詠作年次等の考察(1)—-
資料から見る撰集作業/杉本まゆ子
「月草のうつし心」は「浮気心」か/森田直美
 —-亭子院歌合出詠歌の解釈を目指して—-
平安貴族女性が歩くとき/林悠子
『源氏物語』の詠出動作表現と贈答歌/斎藤由紀子
 —-「言ひなす」歌
『源氏物語』藤典侍歌と「博士」/片桐麻美
陽明文庫本『紫式部集』の回想する配列方法/曾和由記子
 —-四九番から五一番の詠者の問題から—-
『大和物語』一二五段「かささぎのわたせる橋」について/寳槻たまき
研究余滴 『栄花物語』の「がね」(后がね・帝がね・大臣がね)について/高橋由記
あとがき
総目次