« 『岡山朝日研究紀要』第37号(岡山県立岡山朝日高等学校) | メイン | 大槻文藏 監修/天野文雄 編集『阪大リーブル57 世阿弥を学び、世阿弥に学ぶ』(大阪大学出版会) »

2016年7月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●京都国立博物館 平成知新館 特集陳列 生誕300年 与謝蕪村(2016年8月23日(火)~10月2日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/2016_buson.html

--------------------

開催概要

展覧会名 特集陳列 生誕300年 与謝蕪村
会期 2016(平成28)年8月23日 ~ 10月2日
会場 京都国立博物館 平成知新館
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日 *ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
観覧料 一般 520円(410円)
大学生 260円(210円)
高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
*( )内は団体20名以上
*障がい者の方と介助者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
*キャンパスメンバーズは、学生証をご提示いただくと無料となります。

展覧会の見どころ

画俳両道に才を発揮した与謝蕪村ですが、こと絵画の制作に関しては晩成の人でした。明・清時代の絵画にならったいかにも中国風の作品や、当時の狩野派に学んだいささか硬い線描を見せる作品など、比較的初期の作品に比べると、晩年作との違いに驚かされます。柔らかな筆触と淡彩を特色とする山水図、あるいは親しみやすく洒脱な俳画は、蕪村藝術の真骨頂を示しているでしょう。
時代によって大きな変化を見せる蕪村作品の、それぞれの魅力をお楽しみください。


●グーグル提供広告