« 平成28年度 第4回伝音セミナー「昭和の関西歌舞伎の音楽を聴く」進行役:前島美保氏(平成28年8月4日(木)) | メイン | 国文学研究資料館 平成29年度 共同研究(若手)の公募について(平成28年8月31日(水)締切) »

2016年7月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国文学研究資料館 特設コーナー「松代藩・真田家のアーカイブズ」(平成28年7月14日(木)~9月13日(火))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nijl.ac.jp/pages/event/exhibition/2016/sanada.html

--------------------

特設コーナー

通常展示の一部のスペースを使って、当館所蔵の作品を展示いたします。

松代藩・真田家のアーカイブズ
会期:平成28年7月14日(木)~平成28年9月13日(火)
休室日:日曜日・祝日、展示室整備日
※平成28年度からは土曜日も開室します。

 NHK大河ドラマ「真田丸[さなだまる]」で知られる戦国の雄[ゆう]「真田家」。当館には真田昌幸[まさゆき]の長男で信繁[のぶしげ](幸村[ゆきむら])の兄にあたる信之[のぶゆき]が初代藩主となった松代[まつしろ]藩の文書である「信濃国[しなののくに]松代真田家文書」が所蔵されています。真田家文書は、当館が収蔵する歴史アーカイブズの中でも大規模なものの一つで、目録収録数で約5万2000件にも及ぶ文書群です。さらに、平成元年(1989)に真田家から寄託された約3500件の文書も保管しています。今回の特設展示では、1「昌幸・信繁(幸村)・大坂の陣」、2「松代藩初代藩主 真田信之」、3「松代藩の日記類」、4「幕末期の松代藩」という4つのコーナーを設けて、これらの一部をご紹介します。戦国武将から近世大名へと生き残っていった真田家の姿を、アーカイブズを通して見てみましょう。
 ※1・2の部分の構成・解説に関しては、当館特定研究員の丸島和洋氏の協力を得ました。


●グーグル提供広告