« 佐々木孝浩氏、一戸渉氏のWeb講義「Japanese Culture Through Rare Books」、英国MOOCs"FutureLearn"でいよいよスタート | メイン | 講演会「小津久足「陸奥日記」の世界 ―よみがえる江戸時代の松島」(2016年8月7日(日)13時30分~、宮城県高城避難所 3階多目的ホール) »

2016年7月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●国立民族学博物館 特別展「見世物大博覧会」(2016年9月8日(木)~ 11月29日(火))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20160908misemono/index

--------------------

日本では、細工物・軽業(かるわざ)・曲芸・動物見世物といったさまざまなジャンルの見世物の興行が都市の盛り場や社寺の祭を中心に盛行し、人びとを魅了しました。
本展では、こうした江戸から明治・大正・昭和を経て現代に至る多種多様な見世物の歴史と実態を、絵看板、錦絵、一式飾りや生人形などの資料をとおして紹介します。

会場:国立民族学博物館 特別展示館
会期:2016年9月8日(木)~ 11月29日(火)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週水曜日休館(ただし、期間中11月23日(水・祝)は開館、翌24日(木)休館)
無料観覧日:9月10日(土)、9月11日(日)、9月19日(月・祝)、11月3日(木・祝)、11月19日(土)、11月20日(日)

関連催しなどの詳細は、決まり次第随時本ホームページにてお知らせいたします。


●グーグル提供広告