« 中原中也記念館 特別企画展「太宰治と中原中也」(平成28年7月28日(木)~9月25日(日)) | メイン | 立教大学日本学研究所 第56回研究例会「〈3・11〉後の表現を考える―演劇・マンガ・文学・ドラマ―(仮)」(2016年9月17日(土)、立教大学池袋キャンパス本館2階1202教室) »

2016年7月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●能楽学会九月例会(2016年9月30日(金)、法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー二十五階B会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●情報はこちらからいただきました
http://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

--------------------

能楽学会九月例会

日時 2016年 09月 30日 (金)  午後6時~午後8時
場所 法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー二十五階B会議室
内容 研究発表題目
「幕末期大蔵流台本「悪太郎」の実態と声による復元」
内容:成城大学図書館蔵幕末期狂言台本「悪太郎」の実態の報告とともに、声による復元を大蔵流狂言師の山本則重師・山本則秀師にお願いし、虎寛本から山本東本への変容(ことば、内容、演出等)、および、成城本の独自性について述べる。
発表者:小林千草 復元実演者:山本則重・山本則秀
                   
備考 ◎入場無料・申し込み不要
主催:能楽学会
共催:能楽の国際的・学際的研究拠点 法政大学能楽研究所
連絡先 法政大学能楽研究所


●グーグル提供広告