« 国立民族学博物館 特別展「見世物大博覧会」(2016年9月8日(木)~ 11月29日(火)) | メイン | 読売新聞日曜読書欄(2016.7.24)に、副田賢二著『〈獄中〉の文学史 夢想する近代日本文学』の書評が掲載されました[評・安藤宏氏]。 »

2016年7月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●講演会「小津久足「陸奥日記」の世界 ―よみがえる江戸時代の松島」(2016年8月7日(日)13時30分~、宮城県高城避難所 3階多目的ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/news/2016/news160712.html

--------------------

江戸時代の商人が江戸から松島への旅を記した紀行文から、かつての松島の姿をひもときます。

日時: 2016年8月7日(日)13時30分~
会場: 高城避難所 3階多目的ホール
(宮城県宮城郡松島町高城字町東二20-3)
※JR高城町駅下車(会場には駐車場がございません)
※入場無料・申込不要

講演: 「小津久足の人物像」
菱岡憲司(有明工業高等専門学校准教授)

「『陸奥日記』から見えてくるもの―19世紀の商人・旅行・地域」
青柳周一(滋賀大学経済学部教授)

「小津久足と仙台・松島」
高橋陽一(東北大学東北アジア研究センター助教)

「松島町教育委員会の取り組み紹介」
本木成美(松島町教育委員会 学芸員)

主催: 「陸奥日記」刊行会
東北大学災害科学国際研究所
東北大学東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門
松島町教育委員会「松島町の文化遺産を活かした地域活性化事業
(平成28年度文化庁補助事業)」
お問い合わせ:
東北大学東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門 高橋陽一
 TEL:022‐795‐3140 
 E-mail:yoichi.takahashi.e1(at)tohoku.ac.jp
 ※(at)を@にして送信してください。


●グーグル提供広告