« 古今伝授の里フィールドミュージアム「華麗なる能装束と能面展」(平成28年7月13日(水)~8月7日(金)) | メイン | サントリー美術館「鈴木其一 江戸琳派の旗手」(2016年9月10日(土)~10月30日(日)) »

2016年7月 7日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●太田記念美術館 企画展「怖い浮世絵」(2016年8月2日(火)~8月28日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/2016-kowai-ukiyoe

--------------------

怖い浮世絵

企画展
2016年8月2日(火)~8月28日(日)
8月8・15・22日は休館となります。

「怖い浮世絵」展ちらし
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/wp-content/uploads/2016/06/kowai-ukiyoepdf.pdf

美術館でキモだめし。

「怖い」「恐ろしい」-すなわち恐怖は人間の普遍的な感情のひとつです。未知なるもの、危険なもの、不気味なものなどに対して、人間は恐怖を抱き、忌み嫌い、避けようとします。しかし「怖いもの見たさ」という言葉が表すように、それらは多くの場合、同時に強烈な好奇心を呼び起こすものでもあるのです。小説やドラマ、映画などで、ホラーやサスペンスといったジャンルが根強い人気を博すのも、この怖いもの見たさに起因するのでしょう。
江戸の人々も、怖いもの、恐ろしいものへの好奇心は旺盛だったようで、歌舞伎や小説などで怪談物が流行したのをはじめ、浮世絵にも怪異や妖怪が盛んに描かれています。本展は、江戸の人々が抱いた恐怖のイメージを浮世絵から探る展覧会です。累(かさね)、お岩、崇徳院といった生前の恨みをはらす幽霊たち、鬼、海坊主、土蜘蛛などの異形の化け物、凄惨な血みどろ絵まで、「怖い」浮世絵が一堂に集まります。


●グーグル提供広告