アクセント史資料研究会 研究発表会(2016年8月27日(土)、早稲田大学文学学術院39号館5階第五会議室 ※要事前申込【8.20まで】)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.f.waseda.jp/uenok/accent.html

——————–
アクセント史資料研究会 研究発表会について
日時 2016年8月27日(土) 14:00~18:00
場所 早稲田大学文学学術院 39号館5階 第五会議室
*当日は休業日にあたりますので、文学学術院正門の警備員の了解をえて入構してください。ついては事前に届け出る必要がありますので、ご参加になる方は下記メールアドレスあて8月20日までに、氏名・所属を明記のうえ参加をお申込みください)
14:00~14:45 大久保歩美「「ソレデ」「ソコデ」の変遷―後件述語との関係を中心に―」
14:50~15:35 新田祥絵「『おあん物語』諸本の漢字使用について」
15:45~16:30 山岡華菜子「京阪式アクセントの展開 ―変化傾向の違いについて―」
16:35~17:20 上野和昭「金田一春彦『四座講式の研究』について」
17:25~18:10 鈴木豊「声点資料における濁音表示」
*公開研究会終了後18:30より懇親会を行ないます。ご参加の方は、研究会参加のご連絡のときに合わせてご連絡ください。
アクセント史資料研究会
〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学学術院上野研究室 03-5286-3717(研究室直通) uenok(at)waseda.jp