市川市文学ミュージアム 企画展「あべ 弘士展―動物たちのいのち、きらり」(2016年7月9日(土)~9月4日(日))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul06/1111000250.html

——————–
あべ 弘士展―動物たちのいのち、きらり
◇会期
 2016年7月9日(土)~2016年9月4日(日)
◇開館時間
 平日10時~19時30分(土・日・祝は18時まで)
 企画展示室の入室は閉館時間の30分前まで
◇休館日
 月曜日(7月18日は開館)、7月19日、7月29日
◇観覧料
 一般500円(400円)・65歳以上400円・高大生250円(200円)・中学生以下無料
 ※7月20日(水)開館記念日は無料
  
※( )は25名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料 
※いちかわエコボカード(満点カード)で、1名様が無料で入館できます。
※文学ミュージアムと東山魁夷記念館の両方にご来館される方に、観覧料割引サービスがございま
 す。詳しくはこちら
※企画展チラシについている親子特別割引券をお持ちの、幼・小・中学生同伴の保護者(一般)は入館料が2割引となります。
主催:市川市
協力:絵本館、偕成社、角川書店、ギャラリープルプル、工藤直子、
   佼成出版社、講談社、小峰書店、出版工房ミル、創作劇団ポラーノ、
   童心社、童話屋、農山漁村文化協会、福音館書店、文化出版局、和洋女子大学(50音順)
概要
 あべ弘士は、旭川市旭山動物園の飼育員を経験した後、アフリカや北極など世界各地を訪れ、動物たちを見つめ触れ合うことから、動物たちの表情をリアルに表現した絵本を次々に発表しています。その素朴で、力強い絵と言葉は、子どもから大人まで誰にでもわかりやすく、心に響きます。
 本展は、絵本の原画を中心に約180点を展示し、あべ弘士の世界を紹介します。ひたむきに生きる動物たちの姿を通して、いのちの輝きにあふれた世界に迫ります。