« 「キリシタン文学の継承:宣教師の日本語文学」五島研究会(2016年8月1日(月)、カンパーナホテル(長崎県)【研究者限定】) | メイン | 東洋大学・文学部国際文化コミュニケーション学科専任教員(専任講師または准教授または教授)の公募(募集分野:日本文化表象及び異文化交流)(2016年07月08日 ~ 2016年08月31日 必着) »

2016年7月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●太宰治文学サロン(三鷹市下連雀) 企画展示 太宰治の全集創作(2016年6月7日(火)〜10月2日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://mitaka.jpn.org/ticket/160607d/

--------------------

2016年6月7日(火)〜10月2日(日)
【開館時間】 10:00〜17:30 入館無料
【休館日】 月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館)
【会 場】 太宰治文学サロン
〒181-0013 三鷹市下連雀3-16-14 グランジャルダン三鷹1F
Tel: 0422-26-9150
八雲書店から刊行された『太宰治全集』は、作品を後世に残すべく取り組んだ太宰治最晩年の大仕事といえます。太宰自身が編纂に携わり、生前に刊行が始まった唯一の全集です。しかし、配本が開始された直後に太宰が急逝し、配本途中で未完となったことから〈幻の全集〉ともいわれています。
本展では、貴重な八雲書店版『太宰治全集』全巻を一堂に展示します。太宰が生家の鶴丸定紋を型押しするよう要望したというこだわりの装幀は必見です。また、全集創作の過程が見て取れる「全集目次案」複写(日本近代文学館蔵)や、没後に刊行され今日まで読み継がれている筑摩書房版『太宰治全集』、「八雲-太宰治追悼特集」など見所満載です。


●グーグル提供広告