« アクセント史資料研究会 研究発表会(2016年8月27日(土)、早稲田大学文学学術院39号館5階第五会議室 ※要事前申込【8.20まで】) | メイン | 「よみがえる天勝の世界 〜無声映画『滝の白糸』と奇術〜」(2016年12月24日(土)、江戸東京博物館ホール ※要チケット) »

2016年7月29日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●千代田区立日比谷図書文化館 平家物語、その滅びの美学 第1回「滅びの美学ともののあはれ」講師:林望氏(2016年9月26日(月)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://hibiyal.jp/data/card.html?s=1&cno=2806

--------------------

キーワード 日比谷カレッジ
内容 木曽義仲の挙兵、頼朝の挙兵によって、平家の天下が揺るぎ始める一方、独裁者清盛も、人格者重盛も亡きあとの平家一門が、惰弱な総大将宗盛のもと、音を立てるようにして瓦解してゆく、その有様を仔細に読みながら、しかし、そのなかで、この物語がどれほど「滅んでゆく者」に対して、深い文学性を以て語り続けていくか、その一人一人のヒューマニティを検証してみたい。

日にち 2016年09月26日(月) 18:30から20:00
日にち説明 18:00開場
場所 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
発信者 千代田区立日比谷図書文化館
定員 200名(事前申込順)
参加費用 500円(千代田区民・学生無料)
講師・出演者 林望

プロフィール
■林 望(はやし のぞむ)
1949年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了。ケンブリッジ大学客員教授、東京藝術大学助教授を経て作家活動に専念。専門は日本書誌学、国文学。『イギリスはおいしい』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。著作に『すらすら読める風姿花伝』、『リンボウ先生のうふふ枕草子』など古典に関するものも多数。『謹訳 源氏物語』全十巻で2013年に毎日出版文化賞特別賞受賞。2015年5月、『謹訳 平家物語』第一巻を刊行。
主催 公益財団法人上廣倫理財団
共催 千代田区立日比谷図書文化館
問い合わせ先 千代田区立日比谷図書文化館(03-3502-3340)
申込期間 2016年07月25日 10:00 から2016年09月26日 18:30
申込方法 電話(03‐3502‐3340)、Eメール(college@hibiyal.jp)、来館(1階受付)いずれかにて、①講座名(または講演会名)、②お名前(よみがな)、③電話番号をご連絡ください。


●グーグル提供広告