大阪歴史博物館 第108回 特集展示「関西大学創立130周年記念 関西大学蔵 本山コレクションの精華」(平成28年10月5日(水)~11月14日(月))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2016/motoyamacollection.html

——————–
第108回 特集展示
関西大学創立130周年記念
関西大学蔵 本山コレクションの精華
◆平成28年 10月5日(水)~ 11月14日(月)◆
毎週火曜日休館
会場 8階 特集展示室
時間 9:30~17:00
会期中の金曜日は午後8時まで開館
(ただし、11月11日を除く)
※入館は閉館30分前まで
観覧料 常設展示観覧料でご覧いただけます
主催 大阪歴史博物館、関西大学博物館
大阪歴史博物館では、平成28年10月5日(水)から11月14日(月)まで、8階特集展示室において、特集展示「関西大学創立130周年記念 関西大学蔵 本山コレクションの精華」を開催します。
関西大学博物館の中核コレクションである本山コレクションは、明治後半から昭和初期まで大阪毎日新聞社長を務めた本山彦一(1853-1932)が収集したもので、19,000点に及ぶ考古学資料からなります。本山コレクションは、昭和7年(1932)に本山が開設した「本山考古室」に収蔵展示され、戦後、関西大学に移管されました。以後、関西大学博物館で展示公開されて学内の教育研究に活用され、平成23年(2011)には登録有形文化財(美術工芸部門考古資料)に登録されました。これまで学外では個別にしか展示されることのなかった本山コレクションを代表する考古学資料が、初めて学外で一堂に展示されます。
今回の展覧会では、関西大学創立130周年を記念して、本山コレクションのなかから重要文化財、重要美術品に指定された資料を中心に公開し、本山彦一と末永雅雄、関西大学の考古学研究についても展示します。