« 高桑枝実子『万葉挽歌の表現 挽歌とは何か』(笠間書院) | メイン | 与那国語辞典編集業務嘱託員の募集[本事業は国立国語研究所「消滅危機言語・方言」プロジェクトが支援を行います。](2016年07月28日 必着 ただし、適任者があれば募集期間終了前に締め切る場合があります。) »

2016年7月 7日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●【育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者】に助成金を支給。第10回(2016 年度)「未来を強くする子育てプロジェクト」応募受付中(2016年7月7日(木)~2016年9月5日(月)必着)。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【趣旨
育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者が、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。人文・社会科学分野における萌芽的な研究の発展に期待する助成です。

対象
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の要件を満たす方の中から決定します。

要件
① 人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
② 原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
③ 原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
④ 2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
⑤ 現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
⑥ 支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
※ この事業では、過去の実績ではなく、子育てをしながら研究者として成長していく方を支援したいと考えています。そのため、研究内容のみで判断することはありません。
※ 国籍は問いませんが、応募資料等への記載は日本語に限ります。】

詳細は以下より。住友生命。
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/women/bosyu.html


●グーグル提供広告