« 中国文芸研究会 6月例会(2016年6月26日(日)、同志社大学今出川キャンパス) | メイン | 東海近世文学会6月例会(第262回)(平成28年6月11日(土)、熱田神宮文化殿2階会議室) »

2016年6月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●説話文学会 平成28年度大会(2016年6月25日(土)・26日(日)、慶應義塾大学三田キャンパス 北館3階大会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.setsuwa.org

--------------------

日程 : 2016年6月25日(土)・26日(日)

会場 : 慶應義塾大学三田キャンパス(東京都港区三田2丁目15-45) 北館3階大会議室


【第1日目】シンポジウム 聖徳太子と説話
〈プログラム〉 13:30~17:45

基調講演 
中世聖徳太子伝記の一隅――成阿弥陀仏など――
牧野 和夫氏(実践女子大学)

報告 律院と聖徳太子伝――称名寺と橘寺を中心に
高橋 悠介氏(慶應義塾大学斯道文庫)

報告 聖徳太子伝の日羅をめぐる諸説と愛宕山の縁起
松本 真輔氏(長崎外国語大学)

報告 瑞泉寺本聖徳太子絵伝――その"説話性"と"礼拝性"をめぐって
村松 加奈子氏(龍谷ミュージアム)
 
〈司会〉石川 透氏(慶應義塾大学)

【第2日目】研究発表
〈午前の部〉10:00~12:15

『今昔物語集』巻二十七「近江国生霊来京殺人語第二十」の話型に関する考察
藤崎 祐二氏(九州大学大学院博士後期課程)

鼻に付随する観念――大鼻・赤鼻と異形――
旅田 孟氏(大阪府立大学大学院博士後期課程)

『古今著聞集』第二六五話前半部について――『刀自女経』と台密におけるダキニ天法をめぐって――
猪瀬 千尋氏(名古屋大学CHT研究員)

〈午後の部〉14:15~16:35

『大橋の中将』の成立と流布
粂 汐里氏(総合研究大学大学院博士後期課程)

絵画テクストによる説話改変――月岡芳年『新形三十六怪撰』における絵の語りを中心に――
古明地 樹氏(獨協中学校・高等学校非常勤講師)

京都市立芸術大学所蔵「平家物語絵巻」粉本について――伝土佐光信筆「平家物語絵巻」の模本として考える――
山本 陽子氏(明星大学教授)

※25日(土)11:00~16:00に、慶應義塾図書館新館1階多目的室にて、
  慶應義塾図書館蔵説話文学関連小展示を開催します。ぜひお越しください。
※25日(土)シンポジウム終了後(18:00~)、生協食堂にて懇親会を開催いたします。
  会費は4,000円(院生3,000円)です。ふるってご参加ください。
※26日(日)は休日のため、正門(南門)以外は閉門しております。
  正門(南門)よりお入りください。


●グーグル提供広告