« 「虞世南『帝王略論』を読む会」第19回(2016年7月2日(土)、早稲田大学 戸山キャンパス 33号館511(院生会議室)) | メイン | 東洋大学文学部学術講演会「「モダン日本」における都市のドラマトゥルギー- 銀座とモダン・ガール -」(2016年7月7日(木)、白山キャンパス 5号館 井上円了ホール、予約・申込みは不要) »

2016年6月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●沖縄国際大学『うまんちゅ定例講座』 第3回・兼本 敏氏「ベッテルハイム【英琉辞書】と漢語」(2016年7月9日(土)午後2時から4時、5号館107教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://extension.okiu.ac.jp/detail.jsp?id=75863&type=CalendarTopPage&funcid=2

--------------------

第3回「ベッテルハイム『英琉辞書』と漢語」

日時:2016年7月9日(土)午後2時から4時
場所:5号館107教室
講師:兼本 敏(沖縄国際大学 総合文化学部教授)

【概要:
『英琉辞書』(原題:English-Loochooan Dictionary)はB.J.ベッテルハイム(伯徳令)が1846年~1854年の間、琉球に滞在し編纂した辞書である。この辞書は当時の沖縄における言語事情を知る資料として度々取り上げられるが印刷物としては未だ版行されていない。自筆原稿は現在の大英図書館に収蔵されている。今回、大英図書館から取り寄せたデジタル写本を使い、記載されている漢語表記に触れながら辞書の全体像を紹介したい。】


●グーグル提供広告