鎌倉文学館 特別展「生誕130年 萩原朔太郎 マボロシヲミルヒト」開催中(2016年7月10日(日)まで)

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kamakurabungaku.com/exhibition/index.html

——————–
2016.4.23(土)〜7.10(日)
大正6年に刊行された第一詩集『月に吠える』により日本の口語自由詩の先駆者として知られる萩原朔太郎は、鎌倉で第一詩集を編集し、後に妻の静養のため1年ほど暮らしました。
生誕130年を迎える今年、鎌倉で初めて展覧会を開催し、彼の生涯と作品を貴重な資料で紹介します。
● 入館料 一般400(280)円 小中学生200(140)円
※( )内は20人以上の団体料金
● 開館時間 9:00~17:00 ※入館は16:30まで
● 休館日 4月25日(月)、5月9日(月)、6月20日(月)、7月4日(月)
● 監 修 正津 勉(詩人)
● 協 力 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館