« 園田学園女子大学近松研究所 2016年度企画展示 近代画家の描く近松作品 その一 ―『大近松全集』附録木版画より―(2016年6月20日(月)~8月8日(月)) | メイン | 第40回国際日本文学研究集会の研究発表等の申込み期間を延長しました【2016年7月4日(月)まで】 »

2016年6月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●中京大学 心理学部/学術講演会「言語と感情の起源 :人間コミュニケーションの特異性」講師:岡ノ谷 一夫氏(2016年6月27日(月)、名古屋キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.chukyo-u.ac.jp/event/2016/06/010759.html

--------------------

「言語と感情の起源 :人間コミュニケーションの特異性」

 心理学部は6月27日(月)に学術講演会を開催します。興味のある方はぜひご参加ください。学外の方も参加可能です。事前予約は不要です。
【要 旨】
 人間は複雑な情報を交換できる言語と、繊細な感情を伝達できる表情を持つ。言語と感情の起源を、動物コミュニケーション研究から推測しようとする研究を紹介する。呼吸に随伴する発声が情動表現の信号となり、これが連続して発せられることで歌となり、歌と状況が連合して相互に分節化されることで言葉が始まった。言葉が情動を詳細にカテゴリー化することで、情動は感情となった。言語と感情により人間コミュニケーションは複雑化した。以上の仮説を、齧歯類、鳥類、およびヒトの行動・生理研究によって実験的に検討する。

演 題 言語と感情の起源 :人間コミュニケーションの特異性
講 師 岡ノ谷 一夫氏 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
日 時 6月27日(月) 14:55~16:25
会 場 名古屋キャンパス 図書館・学術棟(1号館) 7階 171教室 キャンパスマップ
申し込み 不要(当日、直接会場にお越しください。)
入場料 無料


●グーグル提供広告