« 国立歴史民俗博物館 第3展示室(近世)副室『もの』からみる近世「戦国の兜と旗」(2016年8月9日(火)~ 9月19日(月・祝)) | メイン | 関西元気文化圏推進フォーラム「文化芸術の再発見」Vll 伊藤若冲生誕300年記念シンポジウム「若冲デザインの先進性」(2016年7月1日(金)、ロームシアター京都メインホール ※要申込) »

2016年6月21日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●佛教史学会 7月例会(2016年7月16日(土)、佛教大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bukkyoshigaku.jp/archives/meeting/1612/

--------------------

◆7月例会ご案内
題目:『元亨釈書』の歴史構想における顕密仏教と禅宗
​報告者:康昊さん(大阪大学文学研究科博士後期課程)​
日時:2016年7月16日(土)午後2時より
場所:佛教大学 11号館 3F会議室
参考文献:大隅和雄「『元亨釈書』と仏教」(『中世仏教の思想と社会』名著刊行会、2005年)。
    原田正俊「中世仏教再編期としての十四世紀」(『日本史研究』540、2007年)。
事前申込不要・来聴無料です。一般の方の来聴も歓迎いたします。


●グーグル提供広告