« 松野陽一・吉田薫編『藤原俊成全歌集』(笠間書院、2007年1月)の正誤表公開 | メイン | 鹿児島大学附属図書館、「文献管理ツール比較表」を公開(カレントアウェアネス・ポータル) »

2016年6月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●集英社高度教養寄付講座 第6回講演会・齋藤希史(東京大学文学部教授)「詩の翻訳 - 欧・漢・和」(2016年7月2日東京大学本郷キャンパス 文学部法文2号館2階 1番大教室、要事前予約)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/event/shueisha20160702.html?phpMyAdmin=oNfe8iIKovE07NDvuySfVA3WzB2

--------------------

【翻訳をめぐる議論というと、Aという言語で書かれた文章が、Bという言語でいかに忠実に再現されているかいないか、という話に尽きると我々は思いがちです。 しかし、「漢字圏」「漢文脈」などの概念を鍵とする齋藤希史氏の論は、和文、漢文、欧文が接触し、作用しあうなかで新しい文体、形式、思考の枠組が生まれていく過程をたどることによって、 翻訳という問題に関し、非常に刺激的な見方を提供してくれます。翻訳のみならず、文化と文化が出会うとき何が起きるかに興味がある方は、ぜひご来場ください。】

講演者 齋藤希史(東京大学文学部教授)
司会 柴田元幸(東京大学文学部特任教授)
日時 2016年7月2日(土)
午後2時~4時(開場1時30分)
場所 東京大学本郷キャンパス
文学部法文2号館2階 1番大教室
交通 地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」、
南北線「東大前」下車、徒歩10分
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

どなたでもご参加いただけます。入場無料ですが、事前に予約が必要です。以下の専用フォームからお申し込みください。
https://www.l.u-tokyo.ac.jp/shueisha-kouza-06/form.html

※定員に達した場合は締め切ります。


●グーグル提供広告