« 第1回アジア太平洋地域戦争ビジュアルフォーラム「美術と戦争:1940-50年代、日本・朝鮮・台湾」(2016年7月23日 (土) 10:20 から 18:00、大阪大学待兼山会館・会議室) | メイン | 横浜市立大学、「横浜市立大学所蔵の古地図データベース」を公開(カレントアウェアネス・ポータル)【第3代図書館長であった地理学者の鮎澤信太郎氏が収集した古地図282点の画像及び書誌情報が公開】 »

2016年6月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●「日本の大学図書館員の論じる世界の大学と図書館 ~6/25開催のシンポジウムを振りかえりつつ~」(2016年 7月 1日(金)18:25~20:00、同志社大学 今出川 または 新町キャンパス(詳細後日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.slis.doshisha.ac.jp/event/20160701.html

--------------------

※開催場所については、上記サイトでご確認ください。

2016年 7月 1日(金)18:25~20:00
※受付開始 : 18:10 (直前なので注意)

※事前参加申し込みは行っておりません。どなたでも自由にお越しください

■6/25開催のシンポジウムとは?
http://www.slis.doshisha.ac.jp/event/20160625.html

パネリスト
飯野 勝則 氏(佛教大学図書館)
今野 創祐 氏(京都大学附属図書館)
岡部 晋典 氏(同志社大学ラーニング・コモンズ)
久保山 健 氏(大阪大学附属図書館)
長坂 和茂 氏(京都大学附属図書館)
司会 : 江上 敏哲 氏(国際日本文化研究センター)


【 同志社大学図書館情報学研究室では,6月25日に「ライブラリアンの見た世界の大学と図書館~図書館利用行動を中心に~」と題するシンポジウムを,科学研究費基盤研究(C) プロジェクト(課題番号:16K00450 研究代表者:原田隆史)「人の真の情報ニーズを汲み取るコンシェルジュ型資料検索システムの構築」 の主催のもとで行います。
 このシンポジウムでは,北米の大学図書館で"日本研究"分野の専門家として働く4人のライブラリアンを招き、日本とアメリカ・双方の大学・図書館事情を知る立場から、図書館事情の違い、学生・研究者の利用行動の違い、大学での研究・学習事情などについて、議論をいたします。
 これは参加者にとっても非常に興味深いシンポジウムだと思われますが,開催前の段階から「豪華なメンバーを揃えた面白いシンポジウムだけれど,時間的な制約もあるのでシンポジスト以外の話を取り上げる余裕は少ないのではないか」という意見も出ております。そこで,6/25のシンポジウムに参加された(ustream中継や録画をご覧になった方も含む)日本の大学図書館員の方およびその関係者数名にお集まりいただき,6/25と同じ江上敏哲氏(国際日本文化研究センター)の司会のもと,アンサーシンポジウム(?)を開催いたします。
 6/25の振り返りも行いますので,6/25のシンポジウムに参加されていなかった方についても楽しんでいただくようにする予定です。多くの方々の参加を望みたいと思います。】


●グーグル提供広告