« 日本出版学会 出版編集研究部会・出版教育研究部会『出版の冒険者たち』と私の編集者論 ―現代出版社・編集者の誕生とその歩みの中から― 報告:植田康夫氏(2016年7月7日(木)※要申込) | メイン | 日仏フォーラム「書籍とデジタル」(2016年6月13日(月)、国立国会図書館新館講堂 ※要申込) »

2016年6月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本出版学会 出版流通研究部会 2016年、いま出版産業では... 「改めて考える取次の機能と現状」 =これからの出版流通を考えるために 報告:鈴木親彦氏(2016年6月30日(木)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.shuppan.jp/yotei/760-2016630.html

--------------------

日本出版学会 出版流通研究部会のご案内(2016年6月30日開催)

2016年、いま出版産業では...
「改めて考える取次の機能と現状」
=これからの出版流通を考えるために


日 時:2016年6月30日(木) 18時30分~22時30分
報 告:鈴木親彦会員(東京大学大学院・博士課程、元・トーハン勤務)
場 所:八木書店本店・6F会議室(千代田区神田小川町3-8:TEL:03-3291-2965)
会 費:日本出版学会会員無料・会員外一般参加費500円(ただし、学生は無料)

問合先:下村昭夫(TEL:047-334-7094: shimo@murapal.com)
     準備の都合上「メール」でお申込いただければ幸いです。
主催:日本出版学会・出版流通研究部会部会/下村昭夫(前期部会長)

 中堅取次の再編が相次ぎ「いま、従来型のプラットフォームが大きく揺らいできている」と言われています。
 取次の物流現場はどうなっているのか、これからの出版流通はどうなっていくのか、改めて出版産業のインフラである「出版流通システムの機能と現状」を考え合いたいと思います。
 ご報告を出版流通に鈴木親彦会員(東京大学大学院・博士課程、元・トーハン勤務)にお願いしました。基本的な部分も含めて出版流通の動きを振り返り、現状を考えるための状況整理をしていただきます。
 なお、「出版流通研究部会」では、今後、会員限定の「トーハン桶川SCMセンター」の見学会を秋に計画しています。大量に出版物が動く現場を実際に見ることで、出版流通問題への理解がさらに深まることと思います。
 見学会については、具体なプランが出来次第、別途ご案内申し上げます。


●グーグル提供広告