« 日本近代文学会2016年度6月例会[特集:遊戯と文学の力学――将棋を視座として]【講演 朝吹真理子さんに聞く――盤上の理をめぐって】含(2016年6月26日(日)14時より、昭和女子大学 80年館 オーロラホール) | メイン | 東京女子大学・特任教育職員の公募(フィールド言語学)(2016年09月12日 必着) »

2016年6月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本漢文学プロジェクト・ワークショップ「『ケンブリッジ日本文学史』を読む」(2016年7月28日(木) 18:30~20:00、慶應義塾大学 三田キャンパス 東館4階 セミナー室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://nihonkanbungaku.blogspot.jp/2016/06/blog-post.html

--------------------

歴史的典籍NW事業 ワークショップ
『ケンブリッジ日本文学史』を読む―漢文学関連の章を中心に―
Workshop
Analyzing "The Cambridge History of Japanese Literature": Focusing on the Chapters of Sinitic Literature Written by Japanese
2016年7月28日(木) 18:30~20:00
慶應義塾大学 三田キャンパス 東館4階 セミナー室
ゲスト マシュー・フレーリ氏(Prof. Matthew Fraleigh)

【英語圏でひろく読まれているケンブリッジ・ヒストリーのシリーズにおいて、昨年、「日本文学」の巻が刊行されました。このワークショップでは、本書の執筆者の一人をお招きし、異なる文化圏において、日本文学がどのように語られているのか、あるいは語り得るのかについて考えてゆきます。なお、議論は、日本漢詩文に関係する章を中心に行います。
→The Cambridge History of Japanese Literature (Cambridge Histories Online)のページ

使用言語:日本語(テキストは英語です)

主催:日本漢文学プロジェクト 共同研究チーム
共催:国文学研究資料館


●グーグル提供広告