広重美術館 6月展「絵本江戸土産でめぐる江戸名所」(2016年6月3日(金)~6月27日(月))

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.hiroshige-tendo.jp/00new/index.html

——————–
6月展
絵本江戸土産でめぐる江戸名所
2016年6月3日(木)~6月27日(月)
 『絵本江戸土産』は、江戸の名所とその場所を紹介する詞書を綴った版本で、嘉永3~慶応3年(1850~1867)にかけて計十編が刊行されました。江戸のまちのガイドブックとして、また「土産」と称されているように遠方へ向けてのみやげとして人気が続き、初代広重が初編~七編、初代亡きあと二代が続いて十編まで描きました。
 活気にあふれる江戸のまち、季節や年中行事にしたがって寺や神社を参詣したり、花見や川遊びに興じたりする人々のいきいきとした姿。広重が描いた数多くの江戸名所は、観ている私たちをその世界へと誘います。
 この度の展示では、数多くの名所を細かく紹介した「絵本江戸土産」をガイドに、初代~三代広重の描いた名所絵で江戸をめぐります。四季折々の風物や行楽地に出かける江戸の人々とともに、江戸散歩をお楽しみください。