« 東京堂書店神田神保町店・国書刊行会『新編 日本幻想文学集成』(全9巻)刊行記念トークイベント《澁澤龍彦のいる文学史 『新編 日本幻想文学集成』の刊行を記念して》[出演:諏訪哲史さん(作家) スペシャルゲスト:山尾悠子さん(作家) 聞き手:礒崎純一さん(国書刊行会出版局長)](2016年7月16日(土)、東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール、参加費 800円(要予約・ドリンク付き)) | メイン | 日本漢文学プロジェクト・ワークショップ「『ケンブリッジ日本文学史』を読む」(2016年7月28日(木) 18:30~20:00、慶應義塾大学 三田キャンパス 東館4階 セミナー室) »

2016年6月13日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本近代文学会2016年度6月例会[特集:遊戯と文学の力学――将棋を視座として]【講演 朝吹真理子さんに聞く――盤上の理をめぐって】含(2016年6月26日(日)14時より、昭和女子大学 80年館 オーロラホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://amjls.web.fc2.com/gakkai.html#2015-06

--------------------

日時: 2016年6月26日(日)14時より 
場所: 昭和女子大学 80年館 オーロラホール [地図]
東急田園都市線(半蔵門線直通)「三軒茶屋」駅下車 徒歩7分 南口を出て国道246号線を渋谷方面に歩きおよそ400m
JR渋谷駅南口バスターミナルより三軒茶屋方面「昭和女子大」下車

発表要旨は[こちら]

《特集》 遊戯と文学の力学――将棋を視座として

研究発表

西井 弥生子   
盤上の人生――菊池寬と将棋

斎藤 理生   
方法としての坂田三吉――織田作之助の作品と将棋

木村 政樹
遊戯的なものと反語的批評――将棋からみる「戦後文学」状況

講演

朝吹 真理子   
朝吹真理子さんに聞く――盤上の理をめぐって
(聞き手)小谷 瑛輔  中野 綾子  


●グーグル提供広告