« 役割語研究会・チュティパック・チャイウィーロート氏「タイにおけるライトノベルの翻訳」、金水 敏氏「「村上春樹翻訳調査プロジェクト」の具体的作業について」(2016年6月29日(水)、大阪大学豊中キャンパス) | メイン | 第266回筑紫日本語研究会・第42回九州方言研究会(2016年7月2日(土)、九州大学文学部棟4階会議室) »

2016年6月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●公益財団法人 紙の博物館「紙のおもちゃ~すごろく・かるた~」(2016年6月18日(土)~9月4日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.papermuseum.jp/exhibit/temporary/2016/0618.html

--------------------

「紙のおもちゃ~すごろく・かるた~」

2016年06月18日(土)~2016年09月04日(日)
月曜日(7月18日は開館)、7月19日(火)、8月12日(金)

展示概要

紙は、薄くて軽いのに丈夫でしなやかです。文字や絵を書いたり、印刷するのに適しているだけでなく、大変加工がしやすく便利なうえ、安く、大量に作ることができます。とても身近な素材である紙は、古くから様々なおもちゃに使われてきました。そんな紙のおもちゃの中から、今回は日本文化として根付いている「すごろく」と「かるた」をご紹介します。

すごろくやかるたは、紙を広げるだけで、そこに別の世界が広がっています。作られた当時の流行や社会状況、ヒーロー・ヒロインなどがわかり、じっくり見ているだけでも楽しめます。そして、家族や友だちなど大勢で一緒に遊んでみると、思った以上にハラハラ・ドキドキ・ワクワクするものです。遊びを通して、大冒険をしたり、人生の成功と失敗を味わったり、知らず知らずのうちに知識や教訓が身に付いたりします。その楽しさ、魅力を感じてみましょう。


●グーグル提供広告