« 日本出版学会 2016年度第4回(通算第97回)関西部会「出版史研究の手法を討議する その7:  出版研究とライフヒストリー研究――大宅壮一をめぐって」(2016年7月30日(土)、関西学院大学大阪梅田キャンパス) | メイン | 『現代文学史研究』第24集(現代文学史研究所) »

2016年6月29日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●日本大学国文学会『語文』第155輯

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

日本大学国文学会さまよりいただきました。

0286-3464-155.jpg

A5判・並製・82頁
平成28年3月25日発行

●お問い合わせ
〒156−8550
東京都世田谷区桜上水三ー二五ー四〇
日本大学文理学部国文学科事務室内 日本大学国文学会『語文』編集委員会
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/jp_dpt/site/gobun.html

【目次】

〈論文〉
国語教科書の中の防人歌--享受史から見える危うさ--/梶川信行
『才葉抄』類従本系統の伝本について--附校本--/金子馨

〈研究へのいざない〉
表記のゆれと単語の意味・用法の違い--朝顔・アサガオ・あさがおを含む複合語を例に--/荻野綱男

平成二十七年度修士論文要旨
平成二十七年度優秀卒業論文要旨
国文学研究室彙報


●グーグル提供広告