宮城学院創立130周年&日本文学会設立70周年記念 日本文学科主催特別講演会、ボナヴェントゥーラ・ルペルティ氏[ヴェネツィア カ・フォスカリ大学]「イタリアの日本文学研究について」(2016年6月24日(金)、第二講義館K306)

講演会情報です。
●公式サイトはこちら
http://web.mgu.ac.jp/jl/event/1969.html

——————–
【ヴェネツィア。「アドリア海の真珠」と言われる美しい水の都。そこにあるのが国立ヴェネツィア大学です。
ヴェネツィア カ・フォスカリ大学(Ca’ Foscari University of Venice)は1868年創立、8学部1万9000人を擁する総合大学です。「カ・フォスカリ」とはヴェネツィア共和国の元首フランチェスコ・フォスカリが1457年に建てたゴシック様式の宮殿で、現在はヴェネツィア大学の本部が置かれています。
ヴェネツィア大学は国際都市ヴェネツィアにふさわしく、1868年の創立時から外国語教育が盛んで、現在約30か国語を学ぶことができます。日本語は特に人気があります。ヴェネツィア大学のアジア・地中海アフリカ学科 日本研究科で学ぶ学生はなんと1400人。日本研究に関しては、ローマ大学、ナポリ大学と並んで、イタリアで最も充実している大学の一つです。
このたび、イタリアの名門ヴェネツィア大学のボナヴェントゥーラ・ルペルティ先生をお迎えして、下記のように特別講演会を開催することになりました。ルペルティ先生のご専門は日本の文学と演劇で、この一年は京都にある国際日本文化研究センターで研究活動に専念していらっしゃいます。今回の特別講演会では、イタリアにおける日本文学、演劇、芸術、サブカルチャーなど日本研究の様子についてお話をうかがいます。講演後には質問コーナーを用意しています。このようなチャンスは二度とありません。皆さんの積極的な参加を期待しています。】
日 時  2016年6月24日(金)4校時 14:40~16:10
会 場  第二講義館K306
演 題  「イタリアの日本文学研究について」
講 師  イタリア国立 ヴェネツィア カ・フォスカリ大学
     アジア・地中海アフリカ学科 日本研究科 教授
     ボナヴェントゥーラ・ルペルティ氏
*この特別講演会は聴講自由です。ぜひおいでください。