« 平成28年度 四季派学会夏季大会 [シンポジウム]『四季』と戦争(2016年6月25日(土)午後1時30分より、恵泉女学園大学 Gー101教室) | メイン | 芸能文化研究会・第五回研究会(2016年6月19日(日)、早稲田大学人間総合研究センター分室(27-8号館)) »

2016年5月21日

 記事のカテゴリー : 新刊案内

●堀 新・井上泰至編『秀吉の虚像と実像』(笠間書院)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

6月下旬刊行予定です。

70814_k.jpg

堀 新・井上泰至編『秀吉の虚像と実像』(笠間書院)
ISBN978-4-305-70814-4 C0021
定価:本体2,800円(税別)
A5判・並製・カバー装・408頁

こうすれば秀吉を、もっと面白くつかまえられる!
歴史学と文学のコラボレーションにより、実像も虚像も追究する書。
どのようにして秀吉は「虚像」として語られ、今その「実像」が問われているのか。豊臣秀吉総体を、これからどう捉えていくか。初の試みにして、指針となる書。

実像と虚像、歴史学と文学、どちらも面白く、重要であることが本書により改めて説かれる。単なる秀吉の通史ではない、多様な見方と大きな見通しの確認・発見を目指す。

▼本書で明らかに!
○北政所の名は「ねい」でなく「ねね」と再確認!
○ひょうたんの馬験に隠された秀吉の出生の秘密とは?
○高松城の水攻めは実は沼の大きさに過ぎなかった!
○明からの「日本国王」への任命を一旦は受け入れていた!
○秀吉信仰と地震や靖国との意外なつながりとは?

【本書は、豊臣秀吉を素材に、歴史学が実像編、文学が虚像編を、それぞれの学問スタイルで執筆した。実像編は、主に古文書・古記録を使用して、現在何が、どこまで明らかになっているかを述べた。そのさい、必要に応じて典拠となる古文書・古記録を示している。これに対して虚像編は、一般に流布している歴史常識が、どのような軍記物語によっていかに形成されたのか、その虚像のあり方を浮き彫りにしている。この両者があわさることによって、「実像も虚像も追究する」ことができるのである。それは、豊臣秀吉という人物はもちろん、彼の生きた社会もより深く理解することである。それだけでなく、秀吉死後の時代の姿をも、豊臣秀吉という人物とその伝説を通じて掘り下げることでもある。】...序(堀新)より

執筆は、井上泰至[防衛大学校教授]/堀 新[共立女子大学教授]/湯浅佳子[東京学芸大学教授]/北川 央[大阪城天守閣館長]/太田浩司[長浜市長浜城歴史博物館館長]/柳沢昌紀[中京大学教授]/原田真澄[演劇博物館招聘研究員]/堀 智博[共立女子大学非常勤講師]/菊池庸介[福岡教育大学教授]/谷口 央[首都大学東京教授]/網野可苗[上智大学大学院]/遠藤珠紀[東京大学史料編纂所助教]/森 暁子[お茶の水女子大学研究員]/米谷 均[早稲田大学講師]/金子 拓[東京大学史料編纂所准教授]/丸井貴史[上智大学大学院]/谷 徹也[京都大学助教]/藤沢 毅[尾道市立大学教授]。(執筆順)。

-----------
■編者・執筆者紹介

[編者]
○堀 新(ほり・しん)

1961年生まれ。共立女子大学教授。著書に『信長公記を読む』(吉川弘文館、2009年)、『天下統一から鎖国へ 日本中世の歴史7』(吉川弘文館、2010年)、『織豊期王権論』(校倉書房、2011年)、共編著に『消された秀吉の真実 徳川史観を越えて』(共編、柏書房、2011年)、『偽りの秀吉像を打ち壊す』(共編、柏書房、2013年)、『岩波講座 日本歴史 第10巻 近世1』(共著、岩波書店、2014年)、『豊臣政権の正体』(共編、柏書房、2014年)などがある。

[編者]
○井上泰至(いのうえ・やすし)
1961年生まれ。防衛大学校教授。著書に、『サムライの書斎 江戸武家文人列伝』(ぺりかん社、2007年)、『雨月物語の世界 上田秋成の怪異の正体』(角川選書、2009年)、『江戸の発禁本』(角川選書、2013年)、『近世刊行軍書論 教訓・娯楽・考証』(笠間書院、2014年)、共編著に、『江戸文学41 軍記・軍書』(責任編集、ぺりかん社、2009年)、『秀吉の対外戦争 変容する語りとイメージ 前近代日朝の言説空間』(共著、笠間書院、2011年)、『江戸の文学史と思想史』(共編、ぺりかん社、2011年)、『近世日本の歴史叙述と対外意識』(編著、勉誠出版、2016年)などがある。

[執筆]
湯浅佳子
[東京学芸大学教授]
北川 央[大阪城天守閣館長]
太田浩司[長浜市長浜城歴史博物館館長]
柳沢昌紀[中京大学教授]
原田真澄[演劇博物館招聘研究員]
堀 智博[共立女子大学非常勤講師]
菊池庸介[福岡教育大学教授]
谷口 央[首都大学東京教授]
網野可苗[上智大学大学院]
遠藤珠紀[東京大学史料編纂所助教]
森 暁子[お茶の水女子大学研究員]
米谷 均[早稲田大学講師]
金子 拓[東京大学史料編纂所准教授]
丸井貴史[上智大学大学院]
谷 徹也[京都大学助教]
藤沢 毅[尾道市立大学教授]
(執筆順)

-----------

■ご予約・ご注文はこちら
直接小社まで、メール info@kasamashoin.co.jp または下記のフォームで、購入希望としてご連絡ください(書名・冊数・お名前・ご住所・電話番号を明記してください)。
http://kasamashoin.jp/mailform.html

■オンライン書店でのご購入はこちらをご参照ください
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784305708144

-----------

【目次】

本書の読み方

○序
虚像編・編者より
秀吉の「夢」、語り手の「夢」[井上泰至]
実像編・編者より
実像と虚像、歴史学と文学、どちらも面白い[堀 新]

1 秀吉の生まれと容貌

[リード文]
異例の出世には条件がある。人並はずれた「運」の良さと、凡人から見れば「超人」的に見える能力である。科学の行き渡らない時代、「運」も「能力」も神仏によって約束されていたものとされがちである。しかし、生前の活躍が光源となってヒトガミとなっていく秀吉の時代の世界観自身は、下克上の精神、草莽の精神の表れでもある。実際は、秀吉の在世当時、恐ろしく素早く、的確な秀吉の判断と行動が超人的に見えていたのも興味深い。

実像編[堀 新]
生まれ―秀吉の生年月日/天文五年か天文六年か/容貌―木の下の猿関白/猿か禿鼠か/外国人の見た秀吉/むすびに
虚像編[湯浅佳子]
はじめに/出生をめぐる奇瑞/異常誕生譚と特異な容貌/放逸な少年時代/まとめ

2 秀吉の青年時代

[リード文]
秀吉の育った環境は謎に満ちている。父はだれか、どんな階層だったのか、織田家に仕えるまで何をしていたのか。その謎を前提に膨らんだ虚像は、時代が秀吉に求めたイメージを映し出す。平和と建設の江戸時代前期は、「忠義」の人として。対外的危機から英雄を待望する江戸末期には、たくましい「策略」の人として。さて、その低い身分の「謎」から、後の秀吉が成し遂げた大事業との関係について、「実像」編では魅力的な新説も提出されている。

実像編[北川 央]
太閤様のご先祖/秀吉の父/秀吉の兄弟姉妹/秀吉生家の生業/家を出た秀吉/秀吉と陰陽師集団
虚像編[湯浅佳子]
はじめに/忠義と信の人、秀吉―『太閤記』巻一より―/策謀家としての秀吉―『真書太閤記』より―/おわりに

3 浅井攻め

[リード文]
この時期、秀吉は信長に寄り添う脇役ながら、美濃・近江出身者を含む家臣団を形成してゆく。秀吉に焦点を当てて物語が膨らむと、活躍の場は増え、「智将」の像が形成され近代にも受け継がれてゆく。一方、江戸前期、歴史から物語が分化する以前は、信長関係の記録・軍記が、両編で重要な資料となっていることにも注意したい。思えば、後にここは、秀吉の遺産の瓦解である関ヶ原の戦いの主役たちの、活躍の場となったのも興味深い。関ヶ原は竹中氏の領地、長浜に近い佐和山の石田三成はこの地の出身、西軍と戦った大津城の京極氏はこの地の名門、そして東軍の将藤堂高虎は、浅井の旧臣で秀吉の弟秀長に仕えているのである。

実像編[太田浩司]
小谷落城と秀吉/堀・樋口氏の誘降/姉川合戦と秀吉/志賀の陣と秀吉/横山城主として/野一色家の秀吉仕官/箕浦合戦と湖北一向一揆/元亀二年から三年の戦い/虎御前山城の城番へ
虚像編[柳沢昌紀]
理想の信長・秀吉・家康を造形―甫庵『信長記』/竹中重門の『豊鑑』と林家の『将軍家譜』/浅井氏三代の事蹟を記す軍書―『浅井三代記』/智将秀吉の誕生―『絵本太閤記』/万能なる智将へ―『真書太閤記』/『日本戦史・姉川役』と山路愛山の『豊太閤』

4 秀吉の出世

[リード文]
秀吉が歴史の表舞台に姿を見せつつあるこの時期、後に関ヶ原の戦いを家康の勝利に導く黒田家が浮上してくるのは興味深い。『黒田家譜』は藩の正統性を語るものであるから、史料を収集すると同時に、黒田寄りの記述が当然なされているはずだ。今の歴史学がこういう「史料」に依拠するところに、文学研究との共同討議の必要性のあることも見えてくる。ひるがえって、江戸時代における秀吉の「物語」は、信長が後景に退き、秀吉を中心に動いていくことになる。

実像編[太田浩司]
秀吉の改姓と名乗りの変化/「木下」から「羽柴」への改姓/「筑前守」の官途を名乗る/播磨侵攻と黒田孝高の幽閉/「筑前守」から「藤吉郎」への後退/秀吉の城下町政策/再び「筑前守」へ/於次秀勝の独立と名乗り/その後の秀吉の叙位任官
虚像編[原田真澄]
秀吉と信長の出会い/墨俣一夜城/願望の鏡としての虚像

5 高松城水攻めと中国大返し

[リード文]
この章は秀吉の人生の転機でもあり、派手な見せ場でもある。実際は超人的な働きでもなかったものが、どう巧みにレジェンドとなっていったのか、その舞台裏が解き明かされてゆく。しかし、秀吉の知恵と機敏さは、史実においても物語においても、基本的に変わりはないのである。

実像編[堀 智博]
はじめに/『高松城水攻め』に至るまでの過程―織田・毛利間戦争/『高松城水攻め』の実態/毛利勢との講和/『中国大返し』の実像/おわりに
虚像編[菊池庸介]
はじめに/『太閤真顕記』における高松城水攻め・中国大返しの構成/高松城水攻め/本能寺の変の発端としての秀吉の応援要請/毛利方との和睦/中国大返し

6 清須会議と天下簒奪

[リード文]
身分社会において、下位の者による政権の奪取は、二つの困難を抱える。ひとつは、どこかで同等、あるいは上位の者と決着をつけること。もう一つは、その実力での決着に正統性を得ることである。実像編からは、秀吉がステップを踏んでこの双方を一つずつこなしていった経緯が見えてくる。はじめは正当性を担保しながら、最後は実力で決着をつける。信長のような短兵急ではない。虚像編では、それを分かり易く、鮮やかに、「会議」と「葬儀」という二つの見せ場に集約している。

実像編[谷口 央]
清須会議と織田家家督/織田家を支える人々・その立場と運営方法/勝家と秀吉の対立/「織田体制」の改編―秀吉のクーデター―/織田家家督織田信雄と秀吉/秀吉・家康と関東諸氏/小牧長久手の戦い/北国攻めと信雄・家康/家康の臣従と全国統一
虚像編[菊池庸介]
はじめに/山崎の戦/清須会議/大徳寺焼香場―秀吉の天下簒奪

7 秀吉と女性

[リード文]
女性には多様な役割が求められる。戦国期は、①家と家をつなぐ「血」を結びつける「妻」、②家政のみならず政治家や社長の妻のように夫の事業を補完する「秘書」、③子をなし家を残してゆく「母」、の三つである。この角度から見た時、正室が②の役割に特化し、側室の一人が①と③、やがて②どころか事業の代表者を兼ねることになる。豊臣家の二人の女性は、一代で栄え、二代で滅亡したこの劇的な政権の象徴のような存在でもあり、そこに後世、「賢夫人」や「悪女」というイメージの付与も絶えない事情が見えてくる。

実像編[堀 智博]
はじめに/ねねの実像/『淀』の実像/秀吉死後のねねと淀/おわりに
虚像編[網野可苗]
悲劇のヒロインにはなれなかった女性/徳川史観の被害者/事件の黒幕には淀/豊臣贔屓≠淀擁護/実録の力/近代文学の中の淀/淀の悪女像を押し出したもの/選ばれた悪女

8 秀吉と天皇

[リード文]
天皇という政治的・宗教的権威を戴きながら、権力を掌握し行使する。このような日本特有の政治体制は常に矛盾を孕んでいる。天皇と政治権力が同じベクトルを向いている時は、「忠義」の正統性を得られるが、天皇側の声と食い違う時、下手をすれば「逆賊」となる。天皇の権威に頼りすぎることは諸刃の剣なのである。そして過去の史実の引用が現実の政治を説明する神話的な解釈の時代にあっては、権威の「利用」という実態を「忠義」と演出することに使われるという意味において、史書と物語に厳密な区別はつきがたいのである。

実像編[遠藤珠紀]
聚楽第行幸/『聚楽行幸記』の作成/近世に語られた聚楽第行幸/行幸の行列/公家の家業の興隆/何故「聚楽第行幸」か?
虚像編[森 暁子]
乱世の忠臣/主君利用パターンの類似/つれないそぶり/古代の天皇権威の利用/世論操作のための「忠臣」アイコン

9 秀吉はなぜ関白になったのか

[リード文]
幕末の動乱期を除いて、江戸時代、大名が京都に長く滞在することは禁じられた。「禁中」の名の通り、天皇は帳の奥深く入り、歌道という「御学問」に専一すべきと定められた。そこには秀吉のように、草莽から這い上がって天皇から関白職を頂き、その権威を使って日本を制圧し支配した先例も意識されていたか。当然、江戸時代、秀吉の関白任官は「成り上がり」という文脈で語られることとなる。また、秀吉に制圧された在地勢力の恨みもそこには介在する。

実像編[堀 新]
秀吉の関白任官/このエピソードの問題点/家康の源氏改姓・将軍任官は特殊例/秀吉の関白任官と徳川史観
虚像編[森 暁子]
関白任官の打算/ 「下剋上」の回避/「朝敵」排除の思惑 /「朝敵」の烙印への恨み①―島津氏/「朝敵」の烙印への恨み②―後北条氏/ 枷からの脱却/政敵の排除

10 文禄・慶長の役/壬辰戦争の原因

[リード文]
戦争というものは、情報を秘匿しなければ成り立たないから、その真の目的を推し量るのは容易ではない。特に軍事独裁政権の場合、それは指導者個人の問題も絡んでくる。ただし、この戦争は長い目で見て、中国中心の伝統的な東アジアの秩序を真っ向から打ち破ろうとしたものであるので、その後の日本と東アジアの関係性を映す「鏡」となっていったことは間違いない。分断されつつも独立した民族国家が朝鮮半島に生まれた、その新たな状況が、戦後日本ではこの戦争について沈黙をもたらした、という意味でも。

実像編[米谷 均]
豊臣秀吉の本心を読み解くこと/朝鮮出兵の原因・目的をめぐる諸学説/朝鮮出兵の動機と目的/秀吉が成りたかったもの
虚像編[井上泰至]
「徳川史観」「皇国史観」「帝国史観」/林家とその後―徳川史観の形成/絵入歴史読み物と国学・後期水戸学―皇国史観/帝国史観―幕末の危機意識の中で/ナショナリズムか愛すべき英雄か

11 秀次事件の真相

[リード文]
命令されての切腹か、無実の訴えのための自害か。秀次の最期をめぐっては、今ホットな話題が持ち上がっている。その際、ポイントになるのは、事件を伝える史料(資料)の性格の見極めである。後代の文学は、秀次の悪逆と反逆、石田三成の讒言、そして秀次の妻子の処刑へと、その関心を多方面に向けていく。また、その背後に秀吉政権末期への評価があることは、間違いないのである。

実像編[金子 拓]
はじめに/秀次事件解釈の新説/秀次事件の発端/秀次の高野山出奔/「公式見解」の形成と秀次切腹/「秀次事件」の成立/秀次の個性
虚像編[丸井貴史]
秀次事件を描いた作品/物語としての秀次事件/殺生関白秀次/秀次の妻妾たち/仏法僧―戦う秀次

12 豊臣政権の政務体制

[リード文]
この章は実像編と虚像編の内容的隔たりが最も甚だしい。『太閤記』の記述に端を発する五大老・五奉行の実態が、実像編では明らかにされ、「取次」や「清華成」という新たなキー・ワードが浮上する。虚像編では、その職掌よりも、政権担当者のキャラクターが明確化され、ドラマ仕立てとなっていく。ただし、両者に共通の影の主役がいる。次の政権を担う家康である。その記述について注目するのも面白い。

実像編[谷 徹也]
「五大老」「五奉行」に関する通説/小瀬甫庵『太閤記』の記述/秀吉生前における奉行の役割/秀吉生前における大老の役割/政権内のその他の政務/秀次事件による政務体制の改変/「五大老」「五奉行」制の実態/乖離する名分と実態/そして関ヶ原の戦いへ
虚像編[藤沢 毅]
五大老・五奉行/太閤検地、刀狩りは描かれない/富裕の町人への処罰/武断派と文治派の対立

13 関ヶ原の戦いから大坂の陣へ

[リード文]
この章の実像編は、6章のそれと比べて読むと面白い。秀吉はスピーディに仕掛けて織田の天下を奪うのに比べ、家康はそういう賭けを避け、秀吉・利家の死を受けて行動したり、豊臣の残存勢力と正面からいきなりやり合わず、外堀を埋めていったり、と実に慎重である。虚像編では、そういう常識的な家康より、負けの可能性を承知しながら、これに反抗した石田三成や真田信繁に関心が集まってゆく。

実像編[谷 徹也]
大坂の陣への道程/関ヶ原戦後の上方情勢/秀頼の立場/公儀のゆくえ/大坂の陣の始まり/豊臣方の民衆/関ヶ原の戦いからの道程
虚像編[井上泰至]
徳川寄りの軍書/関ヶ原モノの集大成―『関ヶ原軍記大成』/徳川贔屓の構図を引き継ぎ文芸化―『難波戦記』/大坂贔屓への転換―『厭蝕太平楽記』/徳川コードの消失とともに―『名将言行録』と『日本戦史関ヶ原役』/民間史学から歴史小説・近代歌舞伎へ―山路愛山・徳富蘇峰・高安月郊・司馬遼太郎

14 秀吉の神格化

[リード文]
ヒトが生前の活躍を光源としてカミになる。これは長い日本の歴史の中でも画期的なことだ。その先例となった秀吉の神格化には、大きく括れば、海外まで武威を発揮した軍神、あるいは近世京都の建設者・国家鎮護の神の二つの性格に集約できようか。それらは、神話・歴史に先例がある。しかし、より重要なのは、草莽からカミとなったという点かも知れない。それが、欧米列強への危機感から生まれた、日本のナショナリズムを推進する維新の志士、および国事殉難者のカミ化のモデルとなっていった素地でもあったのだろうから。

実像編[北川 央]
神になった秀吉/秀吉の神格化と御霊信仰/織田信長の神格化をめぐって/秀吉神格化のモデル/豊国大明神の性格/新八幡と豊国大明神/豊国大明神の多様な信仰/大坂城への勧請/江戸から明治の豊国社
虚像編[井上泰至]
神社の荒廃とにわか震災神/対外的武威の神として―宣長の古道論の内面化と和歌/征韓論の神話的先例―幕末から明治

○コラム
北政所の実名[堀 新]
刀狩令[堀 新]
太閤検地[谷口 央]
「惣無事」と「惣無事令」[谷口 央]
破り捨てられた? 冊封文書[米谷 均]
二つの「キリシタン禁令」[堀 新]

○付録
秀吉関連作品目録(軍記・軍書・実録・近代史論・歴史小説)
[井上泰至編]
主要秀吉関連演劇作品一覧[原田真澄編]

あとがき[堀 新×井上泰至]
執筆者プロフィール

-----------

序文全文公開

■虚像編・編者より
秀吉の「夢」、語り手の「夢」.........井上泰至

 秀吉とは、どういう「個性」であったのか? 学問的な問いとしては、ひどく困難な課題だが、ひとたび秀吉を軸にこの時代の歴史を語ろうとする時、これは避けては通れない。特に文学上の秀吉像とは、その「個性」についての解釈の歴史そのものだったと言ってよい。こうして「レジェンド」となった秀吉の「個性」といえば―明るさの中にある狡知・機転・精励・寛容・大志、そして、出自の低さからくるコンプレックスと一体の承認願望といった言葉がまずは浮かぶが、詳しくは虚像編の各章によられたい。

  露と落ち露と消えにし我が身かな難波のことも夢のまた夢

 信長に見出されてから、武将としては異例の幸運に恵まれるが、家族の縁は薄く、しかし妻は賢夫人、晩年側室との間に子に恵まれるがその将来を心配しつつ、この世を去る他はない。人間の抱える矛盾と魅力が、これほど語られてきた存在も、日本の長い歴史で稀有なのである。秀吉が実際そのような個性であったかどうかは今おくとして、本書の章立ては、実像編の編者堀新さんの提案を、丸呑みできたことから見ても、この時期の政治史は秀吉という個性と切っても切り離せないことは明らかだ。

 本書の実像編は、一次史料を中心に、高度に精緻な形で構築された秀吉とその活動の「実像」を解き明かしている。虚像編からは、それを鏡とし、バネとして飛躍していった、秀吉を巡る「レジェンド」の成り立ちと、その有りようを確認できる。これまでになかった試みである。

 思えば、それは秀吉だからこそ可能であったというべきか。その秘密は、秀吉の異例の出世にある。ひどく身分の低いところから天下人になったという「夢」、それも大きい。当然、条件に恵まれない後世の人々の「夢」を託すことができる。
 しかし、裏返せば、彼は本能寺の変の後、山崎の合戦で明智光秀を討つことで突如主役に躍り出たからこそ、「レジェンド」になりえたという見方もできるだろう。そのドラマチックな展開も魅力だが、誰も注目していなかったところに史料は残りにくい。かえってそこにこそ、伝説化の沃野は拡がっている、という逆説がある。

 人々は、関白任官・大坂城築城・天下統一・太閤検地・近世京都の整備・二度の外征と、評価はさまざまだが、彼の大仕事の数々と、それに比しては哀れな豊臣家の末路を知っている。ひるがえって、その前半生は謎に満ちたままである。結果、「実はこうであったのだ」「実はそうであったのか」、というふくらましがこれほど期待される政権担当者も、日本史上そうはいなかったのではないか。
 このありそうでなかった本の、その先にある問題についても少しふれておきたい。本書を手に取られた方は、実像編の各章が、可能な限り一次史料によって記述がなされ、その学問的な最新の果実にふれて、別の意味で、「実はそうであったのか」と知的興奮を得ることだろう。また、そこから虚像編に進むと、お馴染みの「レジェンド」がどうして生まれていったのかを知って、半ば苦笑いしながら読むことだろう。
 しかし、注意して読むと、実像編にあげられた史料の中には、虚像編と同じものが、多くはないがあることに気づくはずである。特に、戦の経緯については一次史料が残りにくく、残されたものは、豊臣家を亡ぼした徳川家の支配の時代の意識を反映していたり、自分の先祖の顕彰を意図して記述されたりするから、虚実の選り分けが難しい。ここにこそ、歴史学の研究者と文学の研究者が共同で討議すべき課題も残っている。本書は、秀吉をめぐる問題系について、新しい視角からの整理がなされていると共に、今後考えるべき問題がそこここに潜んでいるのである。

■実像編・編者より
実像と虚像、歴史学と文学、どちらも面白い.........堀 新

 歴史学、ことに文献史学の分野では、伝統的に「実証性」を重んじる。さまざまな文献史料があるが、歴史学が重視するのは古文書・古記録であり、これらを一次史料という。戦国時代(ここでは織豊期を含める)でいえば、戦国武将の書状や知行宛行状、戦国武将や公家の日記、さらには検地帳や分国法などである。宣教師の記録や、『李朝実録』などの外国史料も活用される。その一方で、戦前までは多用されていた小瀬甫庵『太閤記』や『川角太閤記』等の軍記物語、いわゆる文学作品は編纂物であるために二次史料とされたうえ、「誤謬が多い」と烙印を押され、歴史研究において使用されることはほとんどなくなっている。たまに言及されていても、「太閤記のここが間違っている」といった内容ばかりであるから、歴史研究者の多くが文学作品だけでなく、文学研究から疎遠になるのは当然である。その結果、「実像を追究する」歴史学と、「虚像を楽しむ」文学という、歴史学側が身勝手な境界線を引いてしまった感がある。こうして、同じく戦国時代を専門としながら、歴史学と文学は「近くて遠い」関係になってしまった。

 こうした距離感は、もちろん個人的には近しい関係もあったが、戦国時代研究においては、数十年間続いていたように思う。こうしたなか、文学研究は作品テキストの徹底的な読み込みを進めていった。軍記物語は実在する合戦や人物を扱った作品であるから、前述した身勝手な境界線で言えば、「虚像を楽しむ」ためには「実像を追究する」必要がある。その過程で、戦国社会や人物の実像に迫る成果をあげていき、「実像も追究する」文学として、歴史学の領域にどんどん迫り始めたのである。

 いっぽう歴史学においても、古文書・古記録にも間違いや、本人が書いたからこその虚偽や誇張もあり、それを踏まえて古文書・古記録を分析しなければならない。「誤謬が多い」ことは、検討対象から外す理由にはならないのである。こうして再び、軍記物語等の文学作品に注目し始めたのである。この点については、以下の文章が参考になろう。

日記と文書のみでどれほどのことが語りうるのか。日記と文書だけではその記述自体を理解することすら容易ではなく、戦国軍記と称される編纂物によって筋道を辿りながら、年次や個々の固有名詞を比定することから始めて、漸く内容が把握されるというのが実のところである。つまり一次史料こそといいながら、実は二次史料によって一次史料を解釈しているのである。
(大桑斉「石山合戦編年史料をめぐる諸問題」〈真宗史料刊行会編『大系真宗史料』文書記録編12石山合戦、法蔵館、二〇一〇年〉)

 こうした状況は、石山合戦だけでなく、戦国時代研究全般に該当しよう。これを克服するためには、文学作品に真摯に向き合うしかない。「虚像も追究する」歴史学である。この転換によって、戦国時代の実像をより深く捉える道が開けて来るだろう。

 こうして、歴史学と文学双方の動きから、両者は再び近づいてきた。学際的研究の必要性が叫ばれて久しいから、むしろ遅すぎたくらいである。ただし、現在はまだ「近くて遠くない」程度の関係であるから、歴史学・文学いずれもが実像と虚像を十分に追究したうえで執筆する段階にはない。それは、「近くて本当に近い」関係になった時まで取っておくことにしたい。

 そこで本書は、豊臣秀吉を素材に、歴史学が実像編、文学が虚像編を、それぞれの学問スタイルで執筆した。実像編は、主に古文書・古記録を使用して、現在何が、どこまで明らかになっているかを述べた。そのさい、必要に応じて典拠となる古文書・古記録を示している。これに対して虚像編は、一般に流布している歴史常識が、どのような軍記物語によっていかに形成されたのか、その虚像のあり方を浮き彫りにしている。この両者があわさることによって、「実像も虚像も追究する」ことができるのである。それは、豊臣秀吉という人物はもちろん、彼の生きた社会もより深く理解することである。それだけでなく、秀吉死後の時代の姿をも、豊臣秀吉という人物とその伝説を通じて掘り下げることでもある。

 「実像も虚像も追究する」歴史学と文学のコラボレーションには、このような大きな可能性と魅力がある。実像と虚像、歴史学と文学、どちらも面白いし重要なのである。本書がそれを十二分に発揮できていないことを危惧するが、その第一歩として、意のあるところを汲んで頂ければ幸いである。

-----------

【執筆者プロフィール】

湯浅佳子(ゆあさ・よしこ)東京学芸大学教授。著書に『天空の文学史 太陽・月・星』(共著、三弥井書店)、論文に「『鎌倉北条九代記」の歴史叙述の方法」(『文学』11巻3号)、「『鎌倉管領九代記』の歴史叙述の方法」(『近世文藝』98号)などがある。

北川 央(きたがわ・ひろし)大阪城天守閣館長。著書に『大阪城ふしぎ発見ウォーク』(フォーラム・A)、『神と旅する太夫さん―国指定重要無形民俗文化財「伊勢大神楽」』(岩田書院)、『おおさか図像学―近世の庶民生活』(編著、東方出版)などがある。

太田浩司(おおた・ひろし)長浜市長浜城歴史博物館館長。著書に『浅井長政と姉川合戦 その繁栄と滅亡への軌跡』(サンライズ出版)、『テクノクラート小堀遠州』(サンライズ出版)、『近江が生んだ知将 石田三成』(サンライズ出版)などがある。

柳沢昌紀(やまぎさわ・まさき)中京大学教授。著書に『仮名草子集成』40巻・43巻・45巻・49巻・50巻・52巻・53巻・54巻(共編、東京堂出版)、『江戸時代初期出版年表』(共編、勉誠出版)、論文に「甫庵『信長記』初刊年再考」(『近世文藝』86号)などがある。

原田真澄(はらだ・ますみ)演劇博物館招聘研究員。論文に「朝鮮軍記物浄瑠璃作品における武将・小西行長像」(『アジア遊学』173、特集:日中韓の武将伝)、「近代文楽の太閤記物と時局物上演にみるナショナリズムとその展開」(『演劇映像学』2012)、翻刻に鳥越文蔵監修、原田真澄翻刻『義太夫節浄瑠璃未翻刻作品集成(第四期)百合稚高麗軍記』(玉川大学出版)などがある。

堀 智博(ほり・ともひろ)共立女子大学非常勤講師。論文に「毛利輝元と大坂の陣」(山本博文・堀新・曽根勇二編『偽りの秀吉像を打ち壊す』柏書房)、「織豊期における徳川・細川氏の関係―宝刀『児手柏』の譲渡時期をめぐって―」(『平成27年度「開校・彰考館」プロジェクト水戸德川家関連史料調査・活用事業報告書』)、「大坂落人高松久重の仕官活動とその背景―戸村義国との往復書簡を題材として―」(『共立女子大学文芸学部紀要』62号)などがある。

菊池庸介(きくち・ようすけ)福岡教育大学教授。著書に『近世実録の研究―成長と展開―』(汲古書院)、『天空の文学史 第二巻 雲・雪・風・雨』(共著、三弥井書店)、論文に「敵討ち実録「創作」の一方法―『荒川武勇伝』を例に―」(『文学』16巻4号)などがある。

谷口 央(たにぐち・ひさし)首都大学東京教授。著書に『幕藩制成立期の社会政治史研究―検地と検地帳を中心に』(校倉書房)、『関ヶ原合戦の深層』(編著、高志書院)、『愛知県史 資料編 中世・織豊』(共著)などがある。

網野可苗(あみの・かなえ)上智大学大学院。論文に「『物くさ太郎』享受の一側面―黒本における物くさ太郎像を中心に―」(『上智大学国文学論集』47号)などがある。

遠藤珠紀(えんどう・たまき)東京大学史料編纂所助教。著書に『中世朝廷の官司制度』(吉川弘文館)、『兼見卿記』第1〜5(共編、八木書店)、「「豊臣伝奏」の成立と展開」(『東京大学日本史学研究室紀要別冊 中世政治社会史論叢』)などがある。

森 暁子(もり・あきこ)。お茶の水女子大学研究員。論文に「戦国の和歌から近世の軍書へ―北条氏康『詠十五首和歌』の背景と享受をめぐって―」(『お茶の水女子大学人文科学研究』10巻)、「北条氏長『兵法問答』の合戦語り」(『近世文藝』100号)、「将門の表象と連想―「大晦日は合はぬ算用」考―」(『国文』122号)などがある。

米谷 均(よねたに・ひとし)早稲田大学講師。論文に「日明・日朝間における粛拝儀礼について」(中島楽章・伊藤幸司編『寧波と博多』汲古書院)、「豊臣秀吉の「日本国王」冊封の意義」(山本博文・堀新・曽根勇二編『豊臣政権の正体』柏書房)、「中世日明関係における送別詩文の虚々実々」(『北大史学』55)などがある。

金子 拓(かねこ・ひらく)東京大学史料編纂所准教授。著書に『織田信長権力論』(吉川弘文館)、『織田信長〈天下人〉の実像』(講談社現代新書)、『記憶の歴史学 史料に見る戦国』(講談社選書メチエ)などかある。

丸井貴史(まるい・たかふみ)上智大学大学院。著書に『上田秋成研究事典』(共著、笠間書院)、論文に「「三言」ならびに『今古奇観』の諸本と『英草紙』」(『近世文藝』97号)、「『太平記演義』成立の背景―冠山の不遇意識を視座に―」(『近世文藝』103号)などがある。

谷 徹也(たに・てつや)京都大学助教。論文に「秀吉死後の豊臣政権」(『日本史研究』617号)、「朝鮮出兵時の国内政策―次舟・人留・人掃―」(『ヒストリア』251号)、「豊臣政権の「喧嘩停止」と畿内・近国社会」(『歴史学研究』942号)などがある。

藤沢 毅(ふじさわ・たけし)尾道市立大学教授。著書に『新局玉石童子訓』[上・下](共著、国書刊行会)、『読本事典 江戸の伝奇小説』(共著、笠間書院)、論文に「『俊傑神稲水滸伝』序論」(『読本研究新集』7集)などがある。


●グーグル提供広告